「産後養生院」ユン・バク、妻オム・ジウォンに対する愛情表す

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「産後養生院」放送画面キャプチャー
「産後養生院」でユン・バクが、オム・ジウォンに対する愛情を表した。

16日に韓国で放送されたtvN月火ドラマ「産後養生院」第5話では、産婦人科を訪れたオ・ヒョンジン(オム・ジウォン)とキム・ドユン(ユン・バク)夫婦の様子が描かれた。

この日、産婦人科医はオ・ヒョンジンに「年齢が少し高かったので心配したけど、全般的に良好だ。会陰部の傷はちゃんと治っているし、下り物はまだ少し出るだろう。鉄剤を飲んで、無理な運動は避けるように」とし「夫婦関係は、産褥期が終わって6週間後から可能なので、まだ控えたほうがいい」と説明した。

しかし、これを聞いたキム・ドユンは突然ニヤッと笑って、オ・ヒョンジンを当惑させた。

その後、オ・ヒョンジンは彼に「聞きたいことがあるけど、産婦人科で先生が6週間後にそれが可能だと言った時に笑ったじゃない。『おかしい』という表情で笑ったでしょう?」と聞いた。

これに対して、キム・ドユンは「その時は少し呆れたんだ。その話を聞いた時、僕が何を考えたか分かる? 6週間も? まだ6週間も我慢しろって? と思った。君は体調が悪いのに、そんな人を前においてそんなことを考える自分があんまりだと思った。呆れたよ。僕って、野獣みたいだろう? ごめん」と謝った。これに対して、オ・ヒョンジンは恥ずかしさと共に満面の笑みを浮かべた。

記者 : ソ・ジヒョン