イ・ドンゴン、留学中に殺害された弟を追悼…母親と当時の苦しみを告白(動画あり)

OSEN |

写真=「アラフォー息子の成長日記」放送画面キャプチャー
「アラフォー息子の成長日記」で、イ・ドンゴンが15年前に殺害された弟の話を慎重に切り出した。

韓国で3日に放送されたSBSバラエティ番組「アラフォー息子の成長日記」では、イ・ドンゴンの日常が描かれた。

同日、彼は菊の花を準備し、聖堂へ向かった。彼は15年前に不慮の事故で亡くなった弟に会いに行った。イ・ドンゴンは毎年、弟の誕生日に骨壺が安置されている聖堂を訪れているという。今年は弟の36回目の誕生日を祝い、花とカードを供えた彼は「(祝うのが)数日遅れた。誕生日なのにごめん」とし「誕生日おめでとう」と言い、弟の写真を撫でた。

それから娘のロアちゃんとの些細な日常を収めた映像を見せた。ロアちゃんからは、弟の姿が感じられるようだった。返事のない納骨堂で引き続き携帯電話を見せる姿が視聴者を悲しませた。モニターでこれを見ていた彼の母親も涙を拭いた。

15年前、オーストラリアに留学中だったイ・ドンゴンの弟は、ただ目が合ったという理由だけで2人の男に凶器で刺され、殺害された。イ・ドンゴンは「弟の話は家族でよくする。大したことない話をする」と明かした。しかし、父親の前では慎重だという。彼は「父は命日にも(聖堂へ)行かない。それだけ傷が深い」とし、弟の死と残された家族について語った。

その後、イ・ドンゴンは母親と会った。母親は先に亡くなった次男が好きだった食べ物で誕生日のお膳を用意し、それをイ・ドンゴンが代わりに味わいながら母と一緒に食事をした。

それから2人は弟が亡くなった15年前のあの日の話を慎重に切り出した。イ・ドンゴンは「僕は悲しむ時間もなかった。ちょうど5秒だけ悲しかった」とし「5秒間崩れ落ちた後、母親を探した」と話し、弟の死の前に悲しむ暇もなく、両親を思いやった当時を振り返った。悲劇的な知らせを聞いた彼は「電話に出て3時間後に飛行機に乗って行った」とし「どうやって韓国に楽に連れて帰ろうかと考え、火葬してあげようと思った」と話した。母親は「息子を火葬する時が一番辛かった」と、当時の苦しみを明かした。

この様子を見ていたシン・ドンヨプは「子供を育てる立場で……あんなことが起きるなんて」と言葉を続けることができなかった。ホ・ギョンファンの母親も「本当にもう。何も言えない」と涙を拭いた。

シン・ドンヨプはイ・ドンゴンの母親に、特に息子に会いたくなる時を聞いた。母親は「命日と誕生日、息子の友達と母親に街で会った時、一番会いたい」と語った。それから「時々、夢に現れる。辛い時に現れる」とし「息子も映画『3日の休暇』のように3日間休暇をもらって目の前に現れたらどうかなと思う。息子がもし空から降りてきたら『なぜそんなに早く行ったの』と言いたい。高齢妊娠だったけど、あまりにも早く去ってしまった」と言い、視聴者を悲しませた。

・イ・ドンゴン、Netflix「セレブリティ」で約4年ぶりにドラマ復帰“好反応が多くて嬉しい”

・パク・ギュヨン&CNBLUE カン・ミンヒョクら出演のNetflix新シリーズ「セレブリティ」SNSの光と闇を描く(総合)



記者 : キム・スヒョン