パク・ソダム主演、映画「特送」予告編を公開…新たな犯罪娯楽アクションの誕生に期待

OSEN |

写真=映画予告編
全世界を魅了している女優パク・ソダムの新作で話題を集めている犯罪娯楽アクション「特送」が1日、ゾクゾクとする疾走感が感じられる予告編を公開した。

同作は成功率100%の特送専門ドライバーのウナ(パク・ソダム)が、予期せぬ事件に巻き込まれ繰り広げられる犯罪アクション映画だ。

この日に公開された予告編は、心臓の拍動数を高める強烈な自動車の排気音と共に、成功率100%の特送専門ドライバーのウナが繰り広げる、痛快なカーチェイスアクションで注目を集めている。お金になるものなら何でも配送する“特送”という新鮮な題材が興味をそそる中、狭い路地裏から広い往復車線の道路まで行き来するウナの様子は、彼女が果たして何を配送するのか、好奇心を刺激する。

ここに「今まで一度も捕まったことがない?」という言葉と共に、鋭い眼差しを見せる悪質な警察のギョンピル(ソン・セビョク)が、ウナの後を猛烈に追撃することを予告し、思いがけず発生した配送事故による予測不可能な展開に対する期待を高めている。

「2022年1月、最もスリリングな特送が始まる」というフレーズで、名作犯罪娯楽アクションの誕生に対する注目を集める「特送」は、新年の劇場街に爆発的なアドレナリンを与えて観客を魅了する予定だ。韓国で1月5日に公開される。

記者 : キム・ボラ