ソ・ウンス、新ドラマ「彼らがいた」出演オファーを受けて検討中…コ・ス&ホ・ジュノらと共演なるか

OSEN |

写真=OSEN DB
女優ソ・ウンスが「彼らがいた」への出演を検討中だ。

6日、ソ・ウンスの所属事務所ULエンターテインメントの関係者は、OSENとの取材で「ソ・ウンスがOCNの新ドラマ『彼らがいた』の出演オファーを受けたのは事実だ。まだ確定の段階ではないが、出演を前向きに検討している」とコメントした。

出演を確定した場合、ソ・ウンスは昨年韓国で放送されたJTBCドラマ「リーガル・ハイ」以来、約1年ぶりのドラマ復帰となる。彼女は、最近韓国で放送終了したJTBCドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」にも特別出演した。

「彼らがいた」は年間10万人、1日平均270人余りが消える現実に対する残念な気持ちと好奇心を描くドラマだ。「タッチ」を演出したミン・ヨンホンプロデューサーが演出を務め、「君を守る恋~Who Are You~」と「魔女の恋愛」などを書いたパン・ギリ脚本家とチョン・ソヨン脚本家が台本を手掛ける。

ソ・ウンスに先立って俳優コ・スとホ・ジュノ、女優ソヒが出演を確定した。コ・スは詐欺師キム・ウク役、ホ・ジュノはドラマの背景であるドゥオン村の住民のうち、外の世界とつながっているミステリアスな人物を務めるという。

記者 : ヨン・フィソン