コ・ス&ソヒ&ホ・ジュノら出演、新ドラマ「ミッシング」予告映像を公開…抜群の演技力に期待高まる

MYDAILY |

写真=OCN
「ミッシング:彼らがいた」がハイライト映像を公開した。

ケーブルチャンネルOCNの新土日ドラマ「ミッシング:彼らがいた」は、行方不明になった亡者たちが集まった幽霊の村を背景に、消えた死体を探して事件の真実を追うミステリーファンタジードラマだ。

予告映像が公開されるたびにコ・ス(キム・ウク役)、ホ・ジュノ(チャン・パンソク役)、ソヒ(イ・ジョンア役)、ハ・ジュン(シン・ジュノ役)、ソ・ウンス(チェ・ヨナ役)、ソン・ゴニ(トーマス・チャ役)など、出演陣の安定的な演技力と好奇心を刺激する幽霊の村の実体、そしてブラックホールのように見る人々を吸い込む演出で、視聴者の期待を高めている。

そのような状況で26日、「ミッシング:彼らがいた」の約6分間のハイライト映像が公開され、熱い反応を得ている。

映像は幽霊が生きているドゥオン村が、各行方不明事件に巻き込まれて緊張感を高める。特に偶然ドゥオン村に入ったコ・スは行方不明になった男の子に会ったり、自身の目の前で拉致されたソ・ウンスに会うなど、多数の失踪者に会って緊張感を与える。

これと共にコ・ス、ホ・ジュノが本格的にドゥオン村の住民の行方不明と関連して追跡を繰り広げることが予告され、期待を高める。コ・スとホ・ジュノは、深夜のゾッとする初の出会いを皮切りに、行方不明になった亡者に会い、彼らのために真実を追跡する“幽霊コンビ”としての活躍を予告するのだ。

「死んだ遺体がどこにいるのか、知らない人がいる場所」と長い間、村を守ってきたホ・ジュノと「なぜあなたと僕にだけあれが見えるのか、それが知りたくないですか?」と聞くコ・ス。それにコ・スは、ホ・ジュノになぜ遺体を探しているのか聞いており、彼らが本格的にタッグを組んで亡者のために繰り広げる追跡ケミ(ケミストリー、相手との相性)への期待を高める。

また、ハイライト映像はコ・ス、ホ・ジュノ、ソヒ、ハ・ジュン、ソ・ウンス、ソン・ゴニなど出演陣の圧倒的な存在感と演技力で視線を捉える。コ・スがドゥオン村にいるとは思っておらず、行方が分からない彼を探しているソヒから、行方不明になった恋人を探すために乗り出した刑事のハ・ジュン、拉致された後、ドゥオン村に来るようになったソ・ウンス、そしてカフェ・ハワイを守りながら意味深な眼差しを披露する主人のソン・ゴニの姿まで、吹き荒れるストーリーが予告されて見る人々の好奇心を刺激する。

OCNの新土日オリジナル「ミッシング:彼らがいた」は、29日午後10時30分に韓国で放送がスタートする予定だ。

記者 : キム・ナラ