「ミッシング~彼らがいた~」ソ・ウンス、パク・ノシクを開放した理由をコ・スに明かす

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=OCN「ミッシング」放送画面キャプチャー
ソ・ウンスがパク・ノシクを開放した理由を語った。

3日に韓国で放送されたOCN土日ドラマ「ミッシング~彼らがいた~」第9話でチェ・ヨナ(ソ・ウンス)はキム・ウク(コ・ス)にファン・ドゥチョル(パク・ノシク)を開放した理由を語った。

ファン・ドゥチョルはチェ・ヨナの婚約者であるシン・ジュノ(ハ・ジュン)からお金を巻き上げ、チェ・ヨナがいる場所だと、トゥオン村の住所が書いてあるメモを渡した。ファン・ドゥチョルは逃げたが、すぐ警察に捕まった。

シン・ジュノはファン・ドゥチョルに「ここは一般人出入り禁止区域だ。私が一晩中捜索したこともある。最後まで嘘をつく気か? 君、見たって言ったろ? プロポーズ、結婚式、全てどこで聞いたんだ? チェ・ヨナはどこにいる!」と問い詰め、怒鳴った。

ファン・ドゥチョルは「私がそこに閉じ込められていた。私を放してシン・ジュノ刑事に会いに行け、と言った。自分があそこにいることを知らせてあげろ、と。私は狂っていない。ただあなたたちが見られないものを見るだけだ」と答えた。

その時キム・ウクはチェ・ヨナの元を訪れ「ここで何をしている?」と聞き、チェ・ヨナは「ジュノ兄さんを待っている。私がファン・ドゥチョルを開放してあげた。行って私がここにいることを話せって」と答えた。キム・ウクが「来たらどうします?」と聞くと、チェ・ヨナは「何もできなくても、ただ会いたいんです」と話した。

記者 : ユ・ギョンサン