カン・ハヌル&ハン・ヒョジュ&EXO セフンら、映画「パイレーツ2」の見どころは?“最高のチームワークと面白さ”(総合)

MYDAILY |

写真=ロッテエンターテインメント
映画「海賊:鬼旗」が歴代最高のキャスティングとアンサンブルを予告し、観客の期待を高めた。

29日午前、NAVER NOW.にて「海賊:鬼旗」制作発表会がオンラインで行われ、演出を担当したキム・ジョンフン監督と俳優のカン・ハヌル、ハン・ヒョジュ、イ・グァンス、チェ・スビン、セフン、キム・ソンオらが出席した。

本作は、消えてしまった高麗(コリョ)王室の最後の宝物を手に入れるため、海に集まった海賊たちのスペクタクルなアドベンチャーを描く。特に、2014年に観客動員数866万人を記録した大ヒット映画「パイレーツ(原題:海賊)」の続編として、公開前から高い関心を集めている。

前編に続き、興味深い想像力を基に海の真ん中で繰り広げられる「海賊:鬼旗」のアドベンチャーは、爆発的な緊張感と愉快な笑いを行き来する展開と痛快なアクションなど、スペクタクルな見どころでスリリングな面白さを与える。

この日、キム・ジョンフン監督は「1pick(1番の推し)俳優を全員キャスティングした」と出演者への信頼を示した。

残念ながら制作発表会に参加できなかった俳優のクォン・サンウにも言及した。劇中でクォン・サンウは、宝物を狙う逆賊のプ・スンウ役を演じ、悪役と時代劇に初挑戦した。彼とキム監督は映画「探偵なふたり」以来の再会となった。

キム監督は「前作の『探偵なふたり』でクォン・サンウさんをあまりにも情けない男にしてしまったので、今回は彼が持つ男らしさとカリスマ性を反映しようと努力した」とし「新しく披露する彼の姿にたっぷりと魅了されるだろう」と自信を示した。

また今作のヒットについて監督は「前編が大ヒットしたので、プレシャーを感じなかったといったら嘘になる。前編の充実したストーリーと笑いのツボを受け継ごうと努力した。また、アクションファンタジーアドベンチャーをより大きくリアルに収めようと努力した。観客の皆さんに“鑑賞”ではなく“体験”をお届けしたいという気持ちで撮影した」と語った。

続いて、カン・ハヌルは劇中で、自称“高麗第一の剣士”である義賊団のボスのムチ役に扮した。ムチはかつて自分が高麗第一の剣士であったことを誇るほど卓越した剣術の実力を持っているが、現在はヘラン(ハン・ヒョジュ)の海賊船に居候して海を転々とする立場にある。しかし、海賊からのいじめにも負けず、自分の過去の地位を絶えずアピールし、絶対に折れないキャラクターだ。

これに関してカン・ハヌルは「本作は最近見られなかったアクションを見ることができる作品だ。新鮮な雰囲気だったので面白く、1カット1カットを楽しく撮影できた」と語った。

ハン・ヒョジュは劇中で、海賊船のリーダーであるヘラン役を演じた。ヘランは冷徹な判断力と強力なリーダーシップをもとに海賊団を率いる団主だ。溢れるカリスマ性だけではなく、海賊団員を気遣う人間味溢れる姿と流麗な武術の実力を兼ね備えたキャラクターだ。

これに関してハン・ヒョジュは「この船に乗りたかった。シナリオをとても楽しく読んで、一緒に出演する俳優の皆さんがとても素敵な方々なので、ぜひ共演したかった」と作品への愛情を表した。

続けて「本作は体を多く使うアクションもあり、女優としてこれまで見せたことのない顔をたくさん見せないといけなかったので、準備期間が長かった」と明かした。

また「2~3ヶ月ほど地道に剣術アクション、ワイヤーアクションを練習し、水中訓練にも臨んだ。できる準備はしっかりしていた」とし「衣装やヘアスタイル、ビジュアル的な面にも気を使った。一歩間違えば偽物に見えるのではないかと思い、最大限キャラクターを活かしながら、人間的に“ありえる人だ”と思えるようにたくさん工夫した」とし、人一倍の努力を垣間見ることができた。

彼女は「本作は、大ヒット作である前作の後を継ぐことができるということがとても光栄で、迷惑をかけないように一生懸命に最善を尽くして撮らなければならないと考えた。しかし、ストーリー自体が『パイレーツ』とつながるというよりは、全く新しいキャストとストーリーなので、新しい映画になったんじゃないかと思う。期待してほしい」とアピールした。

イ・グァンスは海賊王を夢見るマギ役を務めた。マギは海賊船の一団員に過ぎないが、虎視眈々と団主のヘランの座を狙って“海賊王”という野心を抱く人物だ。溢れる意欲とは違い、不十分な計画力で毎分毎秒、様々な事件を巻き起こす。

イ・グァンスは「本作は撮影するたびに『出演して良かった』と思った。特に、壮大なセット、ディテールを生かした船を初めて見た時にそう思った。『こんなすごい映画を撮っているんだな』というプレシャーと同時にプライドが高まった」と自信を見せた。

続いて「チームワークは誰が何と言っても最高だった。粘り強さや雰囲気をそのまま感じることができる作品だ。多くの愛情と関心をお願いしたい」と付け加えた。

セフンは百発百中の名弓士であるハンクン役を務め、スクリーンデビューを果たした。ハンクンは無口だが、ずば抜けた弓術の持ち主だ。決定的な瞬間にはいつもどこからか現れ、海賊団を護衛し宝物を探す旅に力を加え、誰よりもヘランに忠誠を尽くす頼もしいキャラクターだ。

セフンは「本作は僕の映画デビュー作で、あまりにも素晴らしい先輩たちと共演できて良かった。とても光栄だった」とし「人間的にも素敵な方々とご一緒できたことが、この作品に出演して最も良かったと思った部分だ」と感想を語った。

映画「海賊:鬼旗」は2022年1月に韓国で公開予定だ。

記者 : キム・ナラ