チョン・ジョンソ&ソン・ソック主演、映画「恋愛の抜けたロマンス」11月24日に韓国で公開決定!キャラクターポスターを公開

MYDAILY |

写真=CJ ENM
チョン・ジョンソ、ソン・ソック主演映画「恋愛の抜けたロマンス」が韓国で11月24日に公開される。

映画「恋愛の抜けたロマンス」(監督:チョン・ガヨン)は、恋愛は嫌いだが寂しいのはもっと嫌いなジャヨン(チョン・ジョンソ)と、仕事も恋愛も思い通りにいかないウリ(ソン・ソクグ)が名前、目的、気持ちを全て隠して始めた彼らだけの非常に特別なロマンスを描く。

11月24日の公開決定と共に公開されたキャラクターポスターには、心だけは恋愛から離れたジャヨン役のチョン・ジョンソと、仕事も恋愛もうまくいかないウリ役のソン・ソックのカラフルなビジュアルと、恋愛に対する率直な悩みがそのまま盛り込まれており目を引く。

まず、大きなビックリマークとともに決意に満ちたようなジャヨンの姿が収められたポスターは、明確な信念で自分の感情と欲望に素直なジャヨンの魅力を垣間見ることができる。特に、ジャヨンの澄ました表情と「恋愛さえしなければいい!」というキャッチコピーは、恋愛しないと寂しくて、恋愛するとつらい、恋愛の裏面を加減することなく表し、自分の思う通りにならない恋愛を経験した皆の共感を呼ぶものと期待されている。

一方、はてなマークがいっぱいの背景の中で曖昧な表情をしているウリのポスターは、既存の都会的なイメージから脱し、ナード(Nerd)美溢れるウリのイメージチェンジに対する期待を高める。ここに“ウリ”の本音を見せるかのような「これが恋愛じゃなければ何なの?」というキャッチコピーは、恋愛をしているようでそうでもない、微妙な彼らの関係を示している。このようにジャヨンとウリの相反する魅力はもちろん、共感できる恋愛観を描いたキャラクターポスターを公開した映画「恋愛の抜けたロマンス」は、唐突で大胆なロマンスで人々を魅了するとみられる。

記者 : キム・ナラ