「模範タクシー」ピョ・イェジン、衝撃の事実を知り涙

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS「模範タクシー」放送画面キャプチャー
単純なパワハラではなく、ピョ・イェジンが関わった事件だった。イ・ジェフン、ピョ・イェジン、イ・ソムらが、ウェブハード会社が違法動画を流布したことを知り、ショックを受けた。

24日に韓国で放送されたSBS金土ドラマ「模範タクシー」第6話では、カン・ハナ(イ・ソム)がかつてウェブハード会社であるU DATAで働いていた社員の自白をとることに成功した。

この日カン・ハナに説得された社員は、被害者ソ・ヨンミン(チョン・ソンイル)の妻と一度会うと結局口を開いた。彼はカン・ハナに、自身がU DATAの戦略企画室にいたことを明かし「U DATAの花、売上の牽引役である戦略企画室。私はそこでアップロード担当だった。私の仕事は違法動画をアップすること。私はU DATAに所属するヘビーアップローダー」と打ち明けた。

同じ時間、U DATAに偽装就職して戦略企画チームに入ることに成功した、キム・ドギ(イ・ジェフン)もこれを確認した。戦略企画室の上司が教えてくれた仕事であるギャラリーサーバーに入った時、数多くの違法動画を確認したのだ。

写真=SBS「模範タクシー」放送画面キャプチャー
キム・ドギが驚愕している中、誰よりもショックを受けたのはアン・ゴウン(ピョ・イェジン)だ。その後公開された予告編でチャン・ソンチョル(キム・ウィソン)は「アン・ジョンウンはアン・ゴウンの実の姉」と明かした。アン・ジョンウンの名前はこれに先立ってキム・ドギが入ったギャラリーサーバーのある違法動画のタイトルでも確認しただけに、アン・ゴウンの姉が違法動画の被害を受け、結局死去したことを想像することができる。

またこの日の予告編では、「お姉さんを死なせた、あいつら全員に私が復習してやる」と涙を流すアン・ゴウンの姿も公開され、視聴者の注目を集めた。

記者 : ソ・ユナ