「オ!サムグァンビラ」チョン・ソンウ、ハン・ボルムに“1つだけ約束してほしい”

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
チョン・ソンウがハン・ボルムにキスをして、気持ちを伝えた。

1月16日に韓国で放送されたKBS 2TV週末ドラマ「オ!サムグァンビラ」第35話でファン・ナロ(チョン・ソンウ)はチャン・ソア(ハン・ボルム)のもっと近くまで接近した。

チャン・ソアは外祖母イ・チュンソク(チョン・ジェスン)にウ・ジェヒ(イ・ジャンウ)の契約を横取ってほしいとお願いした。イ・チュンソクが「こんな風にウ・ジェヒに復讐しようとするのか。間違ったらあいつは潰れるかもしれない」というと、チャン・ソアは「そんなに簡単に潰れない。脅かすだけだ」と答えた。

続いてチャン・ソアはサムグァンビラから出てきたファン・ナロに新しい宿所を設けてあげた。ファン・ナロは「こんなことで代表の憎まれたくありません。代表は僕の好きな人の母親ですから」と引き続き愛情を示した。

写真=KBS 2TV「オ!サムグァンビラ」画面キャプチャー
またファン・ナロは「今回の契約を残したらウ・ジェヒは潰れるかもしれない」と懸念した。するとチャン・ソアは「潰さないと。しっかりと踏まないとね。ピッチェウンを選んだ対価が何か、身にしみるように教えてあげなきゃ」と毒々しく言った。ファン・ナロは「悪いふりをするなんて。後で後悔するくせに」と呟いた。

続いてファン・ナロはチャン・ソアに「なら1つだけ約束してほしいです。ウ・ジェヒを潰した後は整理すると。その後は私を受け入れてほしいです。きちんと。知ってるでしょう。私が本部長を愛していること。一方的なことなんですか?」とキスした。

記者 : ユ・ギョンサン