「オ!サムグァンビラ」チョン・ソンウ、ハン・ボルムに告白“イ・ジャンウではなく僕を見て”

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=KBS 2TV「オ!サムグァンビラ」放送画面キャプチャー
チョン・ソンウがハン・ボルムにより接近した。

19日に韓国で放送されたKBS 2TV週末ドラマ「オ!サムグァンビラ」で、ファン・ナロ(チョン・ソンウ)はチャン・ソア(ハン・ボルム)に接近した。

酔っ払ったソアはウ・ジェヒ(イ・ジャンウ)に無い物ねだりをした。ナロが悪い人であることを分かっていながらも付き合って、プライベートに口を出すな、と怒ったのだ。

ソアを連れてきたのは他でもなく、ナロだった。ジェヒとイ・ビッチェウン(チン・ギジュ)はナロを警戒したがソアは「あんたたちこそ車から降りて」とイライラしていた。

ソアはナロを自宅に入れたりした。特にソアはナロとバルコニーで2人でお茶を飲むと話し、心配を誘った。キム・ジョンウォン(ファン・シネ)はジェヒに「しばらくはそうではなかったが、最近再びそうしている。結構心配している」と話した。

ナロはソアに取り入るためにコートを脱がせてあげた。ソアは「気が利いて良い。でもたまにそれがぎょっとする時がある」と、ナロに近づくほどジェヒが不安になることを思った。そのためナロは「ジェヒを揺さぶるためではなく、僕という人間を見てほしい。その後は僕が本部長を好きになっているように、好きになってくれればいいし」と告白した。

記者 : チャン・ウヨン