「オ!サムグァンビラ」チョン・ソンウ、イ・ジャンウに意味深な警告“オム・ヒョソプについて…”

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=KBS 2TV「オ!サムグァンビラ」放送画面キャプチャー
チョン・ソンウがイ・ジャンウに、オム・ヒョソプに対する警告をした。

27日に韓国で放送されたKBS 2TV週末ドラマ「オ!サムグァンビラ」第30話で、ファン・ナロ(チョン・ソンウ)はウ・ジェヒ(イ・ジャンウ)に、パク・ピルホン(オム・ヒョソプ)に対する意味深な話をした。

ピルホンはイ・ビッチェウン(チン・ギジュ)を脅かすナロを蹴った。遅めに着いたジェヒはナロに「ビッチェウンさんを脅かすことまでするなんて」と怒った。ナロは「脅かしてない。話をしただけだ」と釈明した。

するとジェヒは「君、まさかビッチェウンさんを本当に愛しているのか? だからこうしているのか? 断られた愛憎で?」と聞いた。するとナロは「僕がチャン・ソア(ハン・ボルム)のようだと思うのか。君にフラれて怒るチャン・ソアみたい?」と答えた。

ジェヒが「ソアは単純だ。君のように狡猾ではない」と厳しく言うと、ナロは「何だと? 人聞きが悪いな。そんな想像までするなんて。想像するなら、このおじさんについて想像したらどうだ?」とピルホンについて警告した。

しかしジェヒとビッチェウンはナロの警告を耳に留めず、ピルホンに感謝しながら一緒にお酒を飲み、さらに親しくなった。

記者 : ユ・キョンサン