「オ!サムグァンビラ」チン・ギジュ、ハン・ボルムに警告“分かっているけど罠に落ちてあげる”

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=KBS 2TV「オ!サムグァンビラ」放送画面キャプチャー
チン・ギジュがハン・ボルムに厳しい警告をした。

12日に韓国で放送されたKBS 2TV週末ドラマ「オ!サムグァンビラ」で、イ・ビッチェウン(チン・ギジュ)とチャン・ソア(ハン・ボルム)の神経戦が繰り広げられた。

ビッチェウンはイベントで自分を罠に落とした人として、ソアとファン・ナロ(チョン・ソンウ)を疑った。彼女は防犯カメラを確認し、倉庫で隠した衣装を探そうとしたが、探せなかった。

再びチームに戻ってきたビッチェウン。ソアはビッチェウンがキム・ジョンウォン(ファン・シネ)の婚外子という噂について「全く事実ではない。今回のイベントを任されたのは業務成績が優秀だったからだ。もちろん今回のミスへの責任も徹底的に問うつもりだ」と知らせた。

その後、ビッチェウンはソアと別途で会い「ミスに対する計略でなく、私を陥れるための罠だと思う」と疑っていることを話したが、ソアは「私はこの会社の本部長であり、この会社を最も心配している」と反論した。これに対してビッチェウンは「このような意図については十分知っていることを伝えたかった。私を追い払うという意図」と指摘した。

特にビッチェウンは「やられたとおりに罠に落ちるしかない。でも、分かっていて落ちてあげるということ、やられるだけではないということを言っておきたかった」と警告した。

記者 : チャン・ウヨン