iKONのBOBBY、ドラマ「青春の記録」のOSTを本日発売…ボーカリストとしての実力を発揮

OSEN |

写真=PANエンターテインメント
iKONのBOBBYが歌ったtvN月火ドラマ「青春の記録」のOST(挿入歌)が発売される。

BOBBYが歌った「青春の記録」の6番目のOST「Spotlight」は、5日の午後6時に各音楽配信サイトを通じて公開される。この曲は、9月15日に韓国で放送された第4話のラストシーンと9月28日に放送された第7話のラストシーンで流れ、この曲を歌ったアーティストへの問い合わせが殺到した楽曲である。後々、iKONのBOBBYがボーカルとして参加したという事実が伝わり、ファンに衝撃を与えた。

「Spotlight」は、レトロポップロックスタイルのフックと、エレクトロニックな雰囲気が魅力的なブリッジ、そして最後にはメタルジャンルで終わるユニークな形式の楽曲である。ここにラッパーとして人気を博しているBOBBYが素晴らしい歌唱力と表現力、そして魅力的な歌声を披露し、ボーカリストとしての存在感をアピールした。

また「この曲は、誰もが人生を生きていく中で、思いがけず一度は経験する試練と混乱の時期に向き合う時、挫折せずに未来に向かって一生懸命に走れば、夢が叶えられる瞬間が来る」という意味が込められ、自身を慰める歌詞が印象的だ。若者たちに夢と希望のメッセージを伝え、胸の片隅で情熱を燃やす感動を与える。

この曲はドラマ「トッケビ」「ミスター・サンシャイン」「ボーイフレンド」「サイコだけど大丈夫」「愛の不時着」など多数のヒット作に音楽監督として参加し、多くのOSTヒット曲を作り出した音楽監督ナム・ヘスンと作曲家キム・ギョンヒが一緒に手掛けた。

ナム・ヘスン監督は「劇中、主人公のサ・ヘジュン(パク・ボゴム)が少しずつ成功に向かって進むとき、サ・ヘジュンの成長ストーリーとともに流れる歌が必要だと思った。インパクトがあってカタルシスが感じられる歌にふさわしい声の主人公を探すため、いつもより悩んだ」と伝えた。続けて「パートごとに音楽スタイルが変わる難しい歌をBOBBYが見事に歌ってくれた。彼の限りない可能性を改めて実感した」とBOBBYを絶賛した。

この楽曲を歌ったBOBBYは2015年にiKONのメンバーとしてデビューした。その後「恋をした」「趣向狙撃」「KILLING ME」など多数のヒット曲で人々から愛された。BOBBYはMnet「SHOW ME THE MONEY3」に出演し、まだ正式デビュー前であったにも関わらず、優勝果たし、実力を証明した。

BOBBYは「YGGR#Hip Hop」「Raise your guard and Bounce」「HOLUP!」などでリスナーから愛され、ソロアーティストとしても活躍した。特に彼は、グループのメインラッパーとして活動しながらも、昨年MBC「覆面歌王」に出演し、意外な歌唱力を誇った。2018年には「ロールドカップ(League of Legends ワールド チャンピオンシップ)」 のテーマソング「RISE」にフィーチャリングとして参加し、韓国人としては初めてオープニングステージに立った。

「青春の記録」は、現実の壁に絶望せずに、夢と愛を叶えるために努力する若者たちの成長を描く物語だ。夢見ることさえ贅沢になってしまったこの時代に、それぞれの方法で夢に向かって進んでいく、若者たちの熱い青春ときめきで共感を呼ぶ。

「秘密の森」「アルハンブラ宮殿の思い出」「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」などを通じて、緻密ながらも繊細な演出力を見せたアン・ギルホ監督と、「ドクターズ~恋する気持ち」「愛の温度」など、温かく感受性溢れるストーリーに現実的な視線を映し出すハ・ミョンヒ脚本家がタッグを組んだ作品である。そこに「冬のソナタ」「太陽を抱く月」「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」「椿の花咲く頃」など、長い時間をかけて数々のヒット作を披露してきたドラマの名家PANエンターテインメントが制作し、ウェルメイドドラマの誕生を予告した。

「青春の記録」は、青春を代表する俳優であるパク・ボゴム、バク・ソダム、ピョン・ウソクと、圧倒的な存在感を放つハ・ヒラ、シン・エラまで、豪華出演者の共演で、視聴者から反響を呼んでいる。毎週月曜日と火曜日の午後9時に韓国で放送されている。

BOBBYが歌った「青春の記録」の6番目のOST「Spotlight」は、10月5日の午後6時に発売される。

記者 : チ・ミンギョン