ユン・シユン主演!サスペンスアクション「Train」11月7日よりKNTVにて日本初放送決定

KSTYLE |

(C)STUDIO DRAGON CORPORATION
ユン・シユン主演作「Train」(原題)が11月に日本初放送されることが決定した。

「Train」はパラレルワールドを舞台に描く本格サスペンスアクション。演技力に定評のあるユン・シユンが正義感溢れる刑事と汚職刑事、一人二役に扮し鬼気迫る熱演を披露。

A世界とB世界が入り乱れる中で、12年前の殺人事件の真相を追っていく。どんでん返しの連続や意外な犯人の正体が大きな話題に。

(C)STUDIO DRAGON CORPORATION
(C)STUDIO DRAGON CORPORATION

■放送情報
「Train」(原題)
2020年11月7日(土)日本初放送スタート
毎週(土)午後8:00~10:30(2話連続)ほか
全12話

出演者:ユン・シユン、キョン・スジン、シン・ソユルほか
脚本:パク・ガヨン(「ラブ・トライアングル~また君に恋をする~」)
演出:リュ・スンジン(「プリースト~君のために~」)、イ・スンフン(「最高のチキン~夢を叶える恋の味~」)
(C)STUDIO DRAGON CORPORATION

<ストーリー>
2008年、女子高生のソギョン(子役:イム・チェヒョン)は家で父が殺害されているのを発見。時を同じくしてドウォン(子役:イ・ミンジェ)も父を亡くす。時は流れ12年後、ソギョン(キョン・スジン)は検事となり、刑事として働くドウォン(ユン・シユン)はソギョンを心配し見守り続けていた。お互いに特別な感情を抱く2人だったが、ドウォンはある理由からソギョンを突き放す。ある日犯人を追跡中にドウォンは、廃駅で白骨化した遺体を発見。連続殺人事件として捜査に乗り出すことに。同じく現場に向かったソギョンは義弟のソンウク(チャヨプ)が連続殺人事件の犯人で、12年前に父を殺した真犯人なのではないかと疑う。だが、ドウォンは12年前の事件の犯人は自分の父で、罪悪感からソギョンを見守ってきたと明かす。衝撃の事実にショックを受けるソギョンだったが、ドウォンの父の無実を信じ独自に事件を調べることに。そんな時、廃線のはずの線路に突如列車が現れる。そして列車から降りてきた何者かに撃たれソギョンは命を落とす。打ちひしがれるドウォンだったが、残されたソギョンの留守電から、ソギョンを殺した犯人と12年前の犯人が同一人物だったと確信する。だが、犯人逮捕に執着するあまりドウォンは行き過ぎたやり方で、捜査から外されることに。ソギョン亡き後、絶望したドウォンは一人、彼女の亡くなった廃線で命を絶とうとする。するとそこに突然列車が現れ、亡くなったはずのソギョンが乗っているのを発見する。列車に飛び乗るドウォン、しかしその列車はパラレルワールドにつながるTrainだった。そして列車には自分と同じ顔をし、殺人容疑で追われるもう一つの世界のドウォン(ユン・シユン/二役)がいて……。動揺するドウォンの前に、亡くなったはずのソギョンと瓜二つの刑事(キョン・スジン/二役)が逮捕しようと追ってくる。

■関連サイト
KNTV公式サイト:https://kntv.jp/

記者 : Kstyle編集部