コ・ス&ソヒ&ソ・ウンスら出演、新ドラマ「ミッシング」予告ポスターを公開…ミステリアスな雰囲気

Newsen |

「ミッシング:彼らがいた」がベールを脱いだ。

8月に韓国で初放送されるOCN新土日ドラマ「ミッシング:彼らがいた」(脚本:パン・ギリ、チョン・ソヨン、演出:ミン・ヨンホン)は、行方不明になった亡者たちが集まった幽霊の町を背景に、消えた死体を探し、事件の真実を追うミステリーファンタジードラマだ。

ドラマ「タッチ」「復讐の女神」など、様々なジャンルで高い演出力を披露したミン・ヨンホン監督がメガホンを取り、「魔女の恋愛」「君を守る恋~Who Are You~」を執筆した脚本家のパン・ギリとチョン・ソヨンが共同執筆を務めて関心を集めている。そこにコ・ス、ホ・ジュノ、ソヒ、ハ・ジュン、ソ・ウンスら、安定した演技力と話題性を持つ俳優たちが合流し、今年の夏の暑さを吹き飛ばす完成度の高いドラマの誕生を期待させている。

そんな中、「ミッシング:彼らがいた」の予告ポスター2種類が公開された。まず、1枚目のポスターは、一寸先も見えないほどの濃霧が町を覆っており、ミステリアスな雰囲気をかもし出す。また、生い茂る木々と誰もいない道の間に一軒の家がぼんやりと見えており、ここが幽霊の町に入る入口であることを推測させる。夢幻的で不思議な雰囲気が人々の目を引き、ベールに包まれた幽霊の町ではどんなことが起こっているのか、好奇心がくすぐられる。

2枚目のポスターは、壁に貼られている行方不明者を探すチラシが目を奪う。家の前の公園で行方不明になった男の子からお年寄りまで、彼らを探している家族の切ない気持ちがチラシに表れている。行方不明になった人々の歳月を物語るように、古びて破れたモノクロのチラシから、きれいなカラーのものまで多岐に渡る。さらに、ポスターの中央には、ソ・ウンス(チェ・ヨナ役)を探すチラシが含まれており目を引く。ソ・ウンスにどのような事情があるのか、彼女がどうして幽霊の町に入ることになったのか、好奇心がくすぐられる。また、行方不明になった亡者たちがコ・ス(キム・ウク役)、ホ・ジュノ(チャン・パンソク役)とどのように絡んでいくのか、関心を高めている。

「ミッシング:彼らがいた」の制作陣は「公開された予告ポスターには、幽霊の町と行方不明になった人々の間のミステリアスな関係を収めた。幽霊の町に入った行方不明者たちの事情と、彼らのために集まった生きた者たちの追跡が、視聴者の興味を刺激するだろう。『ミッシング:彼らがいた』の初放送を期待してほしい」と伝えた。

記者 : パク・スイン