コ・ス&ソヒ&ソ・ウンスら出演、新ドラマ「ミッシング」メインプロモーション映像を公開

OSEN |

写真=OCN
OCNの新土日オリジナル「ミッシング:彼らがいた」のメインプロモーション映像が公開された。今夏を担うコ・ス&ホ・ジュノの“魂のコンビ”の誕生が予告されて期待を高めている。

8月29日に韓国で初放送予定のOCN新土日オリジナル「ミッシング:彼らがいた」(脚本:パン・ギリ、チョン・ソヨン、演出:ミン・ヨンホン)が3日午前、人々の想像力を刺激するメインプロモーション映像を公開して注目を集めている。

公開されたメインプロモーション映像では、霧が晴れ、生きている者たちの目から完璧に隠されていた幽霊の町の様子が公開された。緑の平地と真っ白な雲、そして平和な雰囲気が、まるで地上の楽園に来ているような錯覚に陥らせる。

これと共にコ・スとホ・ジュノの“魂のコンビ”の誕生が予告され、関心を高める。うっかり幽霊の町に入ったコ・スは「ここは、死んだ体がどこにあるかも分からない、かわいそうな人々が住んでいる場所だ」というホ・ジュノの言葉に、「どうかしてるんですか? 僕にいま、それを信じろと?」と呆れた様子を見せる。しかし、すぐにホ・ジュノの言葉が事実であるかのように、奇妙でミステリアスがことが起きる。

特にホ・ジュノは、冷たく凍った死体を探し回り、犯罪現場をうろうろする疑わしい行動で、見る人々の好奇心をくすぐる。また、白髪の幽霊がコ・スに優しく手を振って挨拶したり、テーブルの上に置かれたものが自ずと宙に浮かぶなど、常識的には理解し難いおかしな状況が繰り広げられて、没入感を与える。

ついにコ・スは、「彼らの目には見えないのに、どうして僕には見えるの?」とし、自身も亡者が見られることに驚愕した。そこに「もし、この町を出られたら絶対に戻ってこないでください」というソン・ゴニの警告が背筋を寒くする。果たしてコ・スが幽霊の町を逃れることができるのか、さらには行方不明になった亡者たちを見るという共通点を持つコ・スとホ・ジュノが、これからどのように絡んでいくのか、関心を高めている。

新ドラマ「ミッシング:彼らがいた」のメインプロモーション映像は、幽霊の町を背景に想像力を無限に刺激し、見どころ満載で華やかな映像に仕上がった。そしてコ・ス、ホ・ジュノ、ソヒ、ハ・ジュン、ソ・ウンス、ソン・ゴニなど、安定した演技力を兼ね備えた俳優たちの熱演が期待を高めさせている。

OCN新土日オリジナル「ミッシング:彼らがいた」は、行方不明になった死者たちが集まった幽霊の町を背景に、消えた死体を探して事件の真実を追うミステリーファンタジードラマだ。韓国で29日午後10時30分に放送がスタートする予定だ。

記者 : ハ・スジョン