韓国ドラマ人気が止まらない!「愛の不時着」「サイコだけど大丈夫」などの制作社スタジオドラゴン、史上最高の業績を記録

OSEN |

写真=「愛の不時着」「サイコだけど大丈夫」ポスター
ドラマ「愛の不時着」「ザ・キング:永遠の君主」「サイコだけど大丈夫」が海外でも人気を博している。

スタジオドラゴン(代表取締役:カン・チョルグ、キム・ヨンギュ)は、2020年第2四半期の売上が1614億ウォン(約144億円)、営業利益が169億ウォン(約16億円)、当期純利益が134億ウォン(約12億円)で、四半期の史上最高の業績を記録したと発表した。

スタジオドラゴンの2020年第2四半期の売上は1614億ウォンで、前年同期比で25.9%成長した。営業利益は56.3%増の169億ウォンで、海外での売上は40.7%増の594億ウォン(約53億円)を記録した。所属クリエイターは前年同期比で50人増加した226人である。

第2四半期の好業績は、主要ドラマの成果や海外販売の成長による収益性の改善によるものだった。「愛の不時着」「ザ・キング:永遠の君主」「サイコだけど大丈夫」の世界的な人気により、販売単価が上昇すると共に旧作の販売も牽引し、海外での実績を伸ばすことに繋がった。これにより、販売による売上は前年同期比で25.5%成長した757億ウォン(約67億5000万円)で、最高の成果を実現した。この中で海外の売上は全体売上の36.8%に当たる594億ウォンだ。

写真=「ザ・キング:永遠の君主」ポスター
ケーブルチャンネルtvN、OCNの編成が減ったにも関わらず、第1四半期にはNetflixオリジナル「愛しのホロ」に続き、第2四半期にはSBS「ザ・キング:永遠の君主」、KBS 2TV「一度行ってきました」など、プラットフォームの多角化戦略に支えられ、前年同期比12.6%増の654億ウォン(約58億円)の編成売上を記録した。

2020年の下半期には、tvN「秘密の森2」、Netflixオリジナル「スイートホーム」など、ポートフォリオの強化と共に、コンテンツの競争力を確保し、韓国国内外で影響力をより一層強める見通しだ。また、「悪の花」「スタートアップ」など、特定のターゲットを攻略するコンテンツも披露する予定だ。

スタジオドラゴンのカン・チョルグ代表取締役は「グローバル市場で韓国ドラマの影響力が大きくなっており、コンテンツ販売の機会が増えているだけに、良い成果につなげたい。グローバルパートナーとの提携を通じて、海外市場への直接的な進出まで具体化している」と戦略の方向性を明らかにした。

・イ・ミンホ、3年ぶりにドラマ復帰…空白の期間を語る「ここが自分の居場所だと感じた」

・「愛の不時着」止まらないブーム!実は韓国ドラマのパロディの嵐…オマージュ作品を一挙解説

・キム・スヒョン&ソ・イェジら、ドラマ「サイコだけど大丈夫」放送終了の感想を伝える“僕が一番癒された”

記者 : パク・パンソク