「愛の不時着」「梨泰院クラス」など…韓国ドラマが5本もランクイン!Netflixが日本の人気作品トップ10を発表

Newsen |

写真=「愛の不時着」「梨泰院クラス」ポスター
日本における“韓流復活”の証拠といえる具体的な根拠が発表され、話題を呼ぶものとみられる。

日本Netflixが今年1年間で利用者から最も話題になった作品10本を公式発表した。「総合TOP10」で、韓国ドラマは1位を獲得したヒョンビン&ソン・イェジン主演の「愛の不時着」をはじめ、5本も名を連ねた。

今月14日午前、日本Netflixが発表した「2020総合TOP10」は、毎日発表される「今日のTOP10」コンテンツを総合集計したチャート。栄誉の1位は、コロナ禍の中で大きく取り上げられなかったものの、まさにシンドロームを巻き起こした「愛の不時着」が獲得した。

これに関連し、日本Netflixは「愛の不時着」が「最長期間『今日のTOP10』をキープした作品だった」と紹介し、その背景について「コメディ、アクション、サスペンスにロマンスまで、多様なジャンル的要素を取り入れた興味津々なストーリーに、レベルの高い台本と映像が現地の利用者に大きくアピールしたものと見られる」と説明した。

2位も韓国ドラマの「梨泰院クラス」がランクインした。「梨泰院クラス」は主役を演じたパク・ソジュンを、ペ・ヨンジュン&イ・ビョンホンなど超大物韓流スターの後を継ぐ人物にさせた。実際に今回発表された総合TOP10の中には、「梨泰院クラス」のほかにもパク・ソジュンが2018年に出演したtvNのドラマ「キム秘書はいったい、なぜ?」が9位にサプライズランクインし、その人気を実感させた。

1位「愛の不時着」、2位「梨泰院クラス」、9位「キム秘書はいったい、なぜ?」のほかにも、韓国ドラマはキム・スヒョン除隊後の復帰作として話題を集めた「サイコだけど大丈夫」(6位)と、パク・ボゴム入隊前の最後の作品である「青春の記録」(8位)もランクインした。

日本Netflixは、総合ランキングのほかに内部データの公開に消極的だったこれまでとは違って、社外秘並みの数値まで取り上げて、韓国ドラマの日本における“大流行”を照明した。また、具体的に「韓国ドラマの視聴が前年比6倍以上に成長したことを確認した」とし、今年を「韓流ファンの裾野がさらに拡大した1年」と評価して注目を集めた。

さらに、今年最も話題を呼んだドキュメンタリー10本も公開し、嵐に続き、BLACKPINKのドキュメンタリー「Blackpink: Light Up the Sky」が2位を獲得したと明らかにした。

・「愛の不時着」が2020ユーキャン新語・流行語大賞トップ10にランクイン!主演のヒョンビンからメッセージも

・ヒョンビン&ソン・イェジン「愛の不時着」の人気をうけ…日本ファンに感謝のメッセージ“とても嬉しかった”(動画あり)

写真=Newsen DB、CJ ENM

【日本Netflix「2020総合TOP10」】

1位「愛の不時着」

2位「梨泰院クラス」

3位「テラスハウス TOKYO 2019-2020」

4位「ハイキュー!!」

5位「炎炎ノ消防隊」

6位「サイコだけど大丈夫」

7位「ARASHI's Diary -Voyage-」

8位「青春の記録」

9位「キム秘書はいったい、なぜ?」

10位「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」

記者 : ホ・ミンニョン