今月の少女 チュウ、ドラマ「出師表」のOSTに参加…初めての挑戦に期待高まる

Newsen |

写真=LEON KOREA、BlockBerryCreative
今月の少女(LOONA)のチュウが、初めてドラマOST(劇中歌)に挑戦する。

29日、所属事務所のBlockBerryCreativeは「今月の少女のチュウが、ドラマ『出師表』のOSTの歌唱者に抜擢され、デビュー後初のOSTに参加する。チュウにぴったりの愛らしい曲なので、多くの声援をお願いしたい」と伝えた。

チュウは、KBS 2TVの水木ドラマ「出師表」の4人目OST歌唱者を務め、柔らかい音色と素晴らしい歌唱力で「春の花」を歌った。

「春の花」は、R&Bスタイルのリズムソースと豊かでドラマチックな楽器の演奏が合わさった曲で、リスナーたちに懐かしい感性を届ける。チュウの清らかで澄んだ声が、春のように爽やかな歌と合わさって、人々の感性を刺激する。

メンバーのJinSoulに続いて、2人目にOSTに参加するチュウは「ケムルハート( 噛むしぐさと共に披露するハート)」を作って、様々なバラエティ番組で愛らしい一面を披露し、明るい性格にぴったりの清らかな音色まで認められたメンバーだ。

「春の花」は、今月29日午後6時に各音楽配信サイトを通じて公開される。

記者 : ファン・ヘジン