ユ・ジュンサン&ペ・スビンら出演、新ドラマ「優雅な友達」スチールカットを公開…5人の表情に注目

OSEN |

写真=写真=STUDIO&NEW、JC&
「優雅な友達」が5人の中年男性の危うい一日を収めたスチールカットを公開した。

韓国で10日に放送がスタートするJTBC新金土ドラマ「優雅な友達」は初放送を1週間後に控えた3日、交番に集まっているアン・グンチョル(ユ・ジュンサン)と友人たちの姿を公開し、見る人の好奇心を刺激した。5人の面白くも悲しい表情が視線を奪う。

「優雅な友達」は、友人の突然の死によって平和な日常に亀裂が生じる、20年来の友人とその夫婦の話を描くミステリードラマだ。穏やかだった人生で激しい荒波に直面した彼らの変化が、愉快な共感を呼ぶと同時に、スリリングなサスペンスを届ける。

同日公開された写真の中には、集まるとトラブルを起こす5人の親友アン・グンチョル、チョン・ジェフン(ペ・スビン)、チョ・ヒョンウ(キム・ソンオ)、ク・チュンボク(チョン・ソクヨン)、チョン・マンシク(キム・ウォンへ)の姿が写っている。行きつけのアジトで楽しい時間を過ごして出てきた5人の視線が一斉に1ヶ所をとらえており、好奇心を刺激する。足を止めた彼らの驚いた表情から見える、正義感に燃えるアン・グンチョルの眼差しが尋常ではない。頭の上できらめくネオンサインの看板に書かれている「荒野の無法者」という言葉が、まるで彼のことを指しているようで興味をそそる。

しかし何が起こったのか、それから彼らが向かったところは、町の交番だ。写真の中で尋常ではない人々の登場に、一瞬にして変わったアン・グンチョルの姿が笑いを誘う。さらに、職員室に呼ばれてきた少年たちのように、卑屈な態度を見せる友人たちの面々も気になる。頭を下げたチョン・ジェフンと、鼻血まで流すチョ・ヒョンウ、不安そうに見えるパク・チュンボクとチョン・マンシクの姿も可哀想に見える。早くから、順調ではない彼らの人生のハーフタイムがどのように描かれるのか、期待を高めている。

制作陣は「平凡な中年の友人たちの愉快な日常は、『優雅な友達』のもう一つの観覧ポイントだ。個性豊かな演技派俳優らが発揮する相乗効果を楽しみにしてほしい」とし、「予期せぬ出来事に遭遇した中年の友人たちの変化と、どんでん返しも興味深い。現実に密着した新しい次元のミステリードラマを披露する」と語り、期待を高めた。

「優雅な友達」は、「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」「また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~」でディテールにこだわった感性的な演出で愛されたソン・ヒョヌク監督と、脚本家のパク・ヒョソン氏、キム・ギョンソン氏がタッグを組んだ作品だ。韓国で7月10日(金)午後10時50分よりJTBCで放送がスタートする。

記者 : チャン・ウヨン