放送終了「優雅な友達」ユ・ジュンサン&ペ・スビンら、4人の男の友情の結末は?

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC「優雅な友達」放送画面キャプチャー
「たとえ僕たちの選択が間違っているとしても、僕たちは大切なものを守る義務がある。それが男だ。それが雄の運命だ」

5日に韓国で放送されたJTBC金土ドラマ「優雅な友達」最終話では、最後まで消えたチュ・ガンサン(イ・テファン)殺人事件の証拠品で喧嘩するアン・グンチョル(ユ・ジュンサン)、チョン・ジェフン(ペ・スビン)の姿が描かれた。

これに先立ち、前妻のチェ・モラン(イ・ヨンドゥ)から証拠品を持ち去ったのがペク・ヘスク(ハン・ダガム)ではないという事実を聞いたジェフンは、このすべてがグンチョルの仕業であることを知った。そこでジェフンは廃人生活を整理し、グンチョルがチョ・ヒョンウ(キム・ソンオ)、パク・チュンボク(チョン・ソクヨン)と新たに開業した店を訪れた。

ジェフンは店に入るやいなや、グンチョルのところに向かい、「お前が持って行ったのか?」と問い詰め、その意図を尋ねた。これに対しグンチョルは「罪の代価は自ら受けるものだ。刑務所で数年間暮らすのは本当の罪ではない」とし、「教授死亡事件の真犯人チョン・マンシク(キム・ウォンヘ)が一生自責しながら生きてきたように、(君も)一生胸に抱いて暮らせ。お前も苦しむがいい」と呪った。

グンチョルなりの復讐は、ジェフンにとってはかなり効果的だった。ジェフンはガンサンの元恋人のソ・ジュウォン(カン・ドンホ)に襲われた状況でも、今はナム・ジョンヘ(ソン・ユナ)の手を押し出した。ジェフンは自分のことを心配しながらドアを叩くジョンヘに「二度と俺のところに来るな」と聞こえない独り言を言った。ジェフンは終始友達と交わした思い出を振り返った。

あれから3年が過ぎた。グンチョル、ヒョンウ、チュンボクは、マンシクの納骨堂を訪ねた。ジェフンの姿は見えなかったが……。しかし、まもなく元気な姿のジェフンがこの集まりに合流した。過去、ジェフンはグンチョルが輸血をしてくれて死ぬ危機を乗り越えた。グンチョルはジェフンを許すという本人の言葉のように、本当にすべてを許したように一緒に笑った。

さらに4人の友人は、証拠隠滅も一緒に行った。グンチョルは自分が保管していたガンサン殺人事件の証拠品をすべて川に投げて隠滅した。友人たちはそばでこの姿を黙過した。そして、4人は完全に友情を回復し、一緒にすっきりした笑みを浮かべた。

その後は「我々はまた、一生重い荷物1つを胸に抱えて生きていかなければならない。たとえ僕たちの選択が間違っていたとしても、僕たちには大切なものを守る義務がある。それが男だ。それが雄の運命だ」というグンチョルのナレーションが流れた。

記者 : ソ・ユナ