AKMU イ・スヒョン&TREASURE パン・イェダム「WAYO」デュエットライブ映像を公開

Newsen |

写真=YG ENTERTAINMENT
AKMU イ・スヒョンとTREASURE パン・イェダムがデュエットで「WAYO」を披露し、話題になっている。SBS「K-POPスター2」でそれぞれ優勝と準優勝に輝き、“天才ボーカル”として注目を集めた。2人が7年ぶりに披露する極上ハーモニーは韓国国内外のファンの間で大反響を呼んでいる。

6月15日午後6時、YG ENTERTAINMENTの公式ブログとスヒョンのYouTubeチャンネルでは、イ・スヒョンXパン・イェダムのデュエットソング「WAYO」映像が公開された。

映像の中でイ・スヒョンとパン・イェダムは、まるで会話をするかのように1小節ずつを分けて歌い、二人だけの特別な「WAYO」を披露した。イ・スヒョンは持ち前の清らかで甘い歌声で曲をリードし、パン・イェダムも深い感情表現と個性豊かな歌声で楽曲の切ない雰囲気をより一層高めた。2人のハーモニーは感性を刺激し、感嘆を誘った。

「WAYO」は別れの状況を受け入れられず、空虚で孤独な疑問をパン・イェダム特有の歌声で表現した楽曲だ。今回のライブ映像を通じてアコースティックバージョンで新たに編曲された「WAYO」は、ギターのメロディーの上にイ・スヒョンとパン・イェダムの二人の甘い音色が加わり、新しい魅力の「WAYO」を完成させた。

イ・スヒョンとパン・イェダムの出会いに韓国国内外のファンは熱い反応を見せた。デビュー前、SBS「K-POPスター2」に出演して話題の中心になった2人は、当時もコラボステージで人気を博した。7年ぶりに再びタッグを組んだ2人のデュエットに、ファンは「K-POPスター優勝と準優勝者の出会い、これはまさに歴史級だ」「思い出が蘇った! 二人ともよく成長した」「スヒョンとパン・イェダムを一言で表現すると、極上のハーモニー」など熱烈な反応を見せた。

これに先立ち、イ・スヒョンはパン・イェダムの初のソロ曲「WAYO」発売当日、自身のSNSにカバー映像をアップロードし、所属事務所の後輩を温かく応援した。特にその投稿で、「イェダム、私とデュエットしよう」というメッセージを残し、彼らのデュエットソングへの期待を高めた。

イ・スヒョンはデュエット映像を公開しながら「少しネタバレをしましたが、お分かりになりましたか? 今回の映像はまさに! 7年ぶりに会ったイェダムと『WAYO』デュエット映像」と紹介し、「男女デュエットで歌うと、元曲とはまた違った雰囲気になりますね。本当に久しぶりに一緒に会って歌を歌いました。イェダムの『WAGO』、そしてデュエットバージョン『WAYO』もたくさん聞いてください」とエールを送った。

TREASUREのデビュープロジェクトの一環として発売されたパン・イェダムの「WAYO」は音源公開後、世界9ヶ国のiTunesチャートで1位となり、世界中のファンから反響を呼んだ。これと共に、7月にメンバー全員そろってデビューを控えたTREASUREのこれからの活動にも関心が高まっている。

記者 : ファン・ヘジン