Big Hitパン・シヒョク代表、Mnet「I-LAND」統括プロデューサーとしての参加が決定

OSEN |

写真=Big Hitエンターテインメント
Big Hitエンターテインメント(以下、Big Hit)のパン・シヒョク代表が、Mnet「I-LAND」の統括プロデューサーとして出演する。

「I-LAND」は、CJ ENMとBig Hitが昨年3月に設立した合弁会社BELIFT LAB(ビリーフラボ)の初のプロジェクトである。次世代K-POPアーティストを作っていく過程を収めたリアリティー番組で、6月26日からMnetで放送される予定だ。Big HitのアーティストプロデュースのノウハウとCJ ENMのコンテンツ制作力が合わさり、新しい形式の番組が誕生するものと期待を集めている。

パン・シヒョク代表は、「I-LAND」で次世代K-POPアーティストを発掘して成長させる統括プロデューサーとして重要な役割を担う。多数のヒット曲を手掛けた作曲家であると同時に、“グローバルスーパースター”防弾少年団の制作者として世界的な成功をもたらした彼が、この番組を通じてどのような哲学と方向性をもとに参加者たちを引っ張っていくか注目される。パン・シヒョク代表と共に最高のアーティストとプロデューサーたちが合流して、番組を引っ張っていく予定だ。

パン・シヒョク代表は「無限の潜在力を持つ参加者たちが、自律性をもとに自ら成長して、アーティストとしての能力を育てていくことができるようにサポートする。彼らがどのように成長していくか、統括プロデューサーとして期待が高い」と伝えた。

「I-LAND」は、BELIF LABと契約したデビュー準備生たちが参加し、今後BELIF LABレーベル所属のアーティストとして活動することになる。「I-LAND」の制作陣は、これに先立って出演者たちの協力と競争の過程が繰り広げられる3000坪規模の超大型専用マルチスペースを公開し、「これまでの音楽番組では見たことのないユニークな世界観と出演者たちの成長の過程が描かれるだろう」と予告した。

記者 : キム・ウネ