Wanna One カン・ダニエル、初単独「V LIVE」で驚異のハート1億個を達成!日本語&コンサートのエピソードを公開(動画あり)

OSEN |

写真=NAVER「V」放送画面キャプチャー
Wanna Oneのカン・ダニエルが、初めての「V LIVE」で海外ツアーコンサートのビハインドストーリーを公開した。この「V LIVE」はハート1億個を記録し、話題性を証明した。

昨日(7日)、NAVERライブ配信アプリ「V LIVE」を通じて、Wanna Oneのカン・ダニエルの初「V LIVE」が行われた。

この日カン・ダニエルは、日本で初めての単独「V LIVE」を行い、ファンとコミュニケーションを取った。最初は、映画を推薦するというテーマで生放送を行ったカン・ダニエルだが、しばらく経つとファンの書き込みに答える方式へと、テーマを変えた。

カン・ダニエルは四季のうち冬が一番好きで、ゲームでストレスを発散していることを話したり、ファンが飼っている猫の名前を付けるなど、様々な面を見せた。さらにカン・ダニエルは、ファンクラブの名前である「WANNABLE」ができて1年になったことを知らせ、バースデーソングを歌った。

カン・ダニエルは「海外ツアーのため、韓国のファンにあまり会えないので、韓国のファンに申し訳ない。でも待っていてください」と言いながらも「(海外でも)私たちのことを知っているファンが多くて、元気を貰っている。様々な国でその国の文化を経験し、そこのファンに会うのが幸せだ。ステージに立つ人として感謝している」と付け加えた。

写真=NAVER「V」放送画面キャプチャー
さらに、Wanna Oneメンバーたちとのエピソードも公開した。メンバーにスケートボードを教えたが、オン・ソンウとハ・ソンウン(HOTSHOTのソンウン)が上手だと話した。またライ・グァンリンに中国語を、ファン・ミンヒョンには日本語を教えて貰っていると述べ、知っている日本語や自己紹介を披露した。

この日の「V LIVE」には、オン・ソンウがサプライズ登場した。カン・ダニエルとオン・ソンウは、記憶に残る映画の名台詞を真似したり、大阪での思い出トークや、日本のお菓子モクバン(食べる放送)を披露するなど、ファンを楽しませた。

この「V LIVE」は1時間で40万人が視聴し、ハートは1億個を超えるなど、大きな反響を呼び起こした。Wanna Oneは海外ツアー中、持続的に「V LIVE」でファンと交流する予定だ。

記者 : チョン・ジウォン