坂口健太郎、防弾少年団との親交明かす「連絡する時は…」

MYDAILY |

坂口健太郎が防弾少年団との親交を誇示した。

4日午後、ソウル論硯洞(ノンヒョンドン)インペリアルパレスソウルでは、坂口健太郎の訪韓インタビューが行われた。

坂口健太郎は防弾少年団に対して言及した。普段から防弾少年団のファンだと知られている坂口健太郎は、日本版「シグナル 長期未解決事件捜査班」のOST(劇中歌)を防弾少年団が歌い、親しくなったという。

「防弾少年団のメンバーとたまに連絡したりします。通りすがりに写真を発見したら、撮って送ったりします。素敵です。僕より年下だけど、K-POPという枠を超えるグループだから、より素敵に感じられます」

坂口健太郎は映画「今夜、ロマンス劇場で」で、「海街diary」に続き、綾瀬はるかと2度目の共演を果たした。「海街diary」では短い共演だったが、「今夜、ロマンス劇場で」では長く呼吸を合わせることができた。

「今回、共演することになったんですが、日本風のお姫様ではなく、西洋風のお姫様でした。そのキャラクターを演じることができる女優さんは綾瀬はるかさんしかいないと思いました。初撮影で白いドレスを着て撮影しましたが、見た瞬間『あの方はお姫様だ』と思いました。『海街diary』の時には一緒に出演したのがワンシーンしかなかったんです。当時は親しくなるチャンスがなかったんです。今回は監督がなるべく、映画の中の時系列に合わせて撮影しようとしました。綾瀬はるかさんと親しくなるスピードが、劇中のキャラクターたちが親しくなるスピードとほぼ同じでした」

さらに、彼に今後どんな俳優になりたいのか、目標について聞くと「日本では原作がある作品に出演したりするんですが、原作がないオリジナルの方が自由に演技することができます。漫画を原作にすると、主人公が存在して、その上で僕が演技するから、この映画の中で牧野健司を演じるのは、僕が主体になって演技することになります。それが面白い一方、大変なこともあります。実はどっちのほうがいいのかと聞かれたら、マイナーな作品を見ると演技が上手な俳優という認識が多いです。女子高校生たちが好きな映画も意味があって、自主映画もそれなりに意味があると思います。心構えの違いです。どっちでも僕が演じることだから同じです」

映画「今夜、ロマンス劇場で」は韓国で11日に公開される。

坂口健太郎、防弾少年団と韓国で再会!J-HOPEとの仲睦まじい2ショットが話題

坂口健太郎、投げキッスから韓国語で挨拶まで…生出演に韓国ファンも感激(動画あり)

坂口健太郎、防弾少年団と初対面…日本ファンミーティングを観覧

記者 : シン・ソウォン、写真 : ソン・イルソブ