日本人参加者も!「UNIVERSE TICKET」ネクストラウンド進出の39人を発表…成長ぶりに審査員も絶賛

OSEN |

「UNIVERSE TICKET」のユニバースに進出した参加者たちが公開された。

韓国で6日に放送されたSBSグローバルオーディション番組「UNIVERSE TICKET」第4話では、リベンジバトルを終えて個人的な都合で降板した2人を除く39人の参加者が、次のラウンドに進出する姿が描かれた。

この日の放送では、まず清涼ウィナーズの「Red Flavor」のステージが公開された。1対1バトルに比べて格段に成長した姿を見せた参加者たちを見て、キム・セジョンは「“赤い味”がパチパチと弾けていた」として感動した様子を見せた。しかし、先立って清涼チャレンジャーズもユニコーン(同番組の審査員かつ助力者)たちに優れた実力を認められた。結局、勝利は3対2で清涼チャレンジャーズのものとなった。

カリスマチャレンジャーズのリーダーは、満場一致でチン・ヒョンジュが選ばれた。アイドルグループcignatureでベルとして活動しているチン・ヒョンジュは、現役アイドルらしく力強いパフォーマンスでステージの完成度を高めた。

ゼリーダンカのビジュアルをはじめ、ペ・ハラムの衝撃的なパフォーマンスまで、カリスマチャレンジャーズは2NE1の「Fire」の強烈さを見事に表現し、完璧なステージを披露した。キム・セジョンはゼリーダンカに「立っているだけでオーラが漂う」と認め、少女時代のヒョヨンはペ・ハラムに「普通に上手なんじゃなくて、本当に上手な人だ」と評価した。

しかし、カリスマウィナーズも負けていなかった。ダンス、歌、ラップ、ビジュアルのすべてを兼ね備えており、チームの誕生から“アベンジャーズ級”と呼ばれたカリスマウィナーズは、BLACKPINKの「DDU-DU DDU-DU」を披露し、優れた実力をアピールした。

リーダーのキム・スジンがダンスブレイクに集中してキム・スミンと対立したが、2人はお互いの足りないところを理解し合いながら1つのチームを作っていった。実力派のペ・イェラムを含む3人のリーダーシステムを作ったカリスマウィナーズは、チャレンジャーズを相手に勝利を収めた。

キム・セジョンは「このチームは、本当によくやってくれた。ナナ(PRIKIL)は眼差しが良かったし、ジェイラは表情が良かった」と称賛し、ヒョヨンはペ・ハラムとペ・イェラム姉妹に注目し、「2人が1つのステージに立つのを見てみたい。どうして2人ともあんなに上手なの?」と感心した。

その後、ユニコーンは勝利チームの中で、ユニバースに直行する20人の参加者を発表。グループの8人のメンバーの中で半分の4人だけがユニコーンの選択を受けることができた。ユニコーンの選択を受けた参加者はイ・ウンチェ、キム・スビン、コトコ、ファン・シウン、イム・ソウォン、ガビ、ユリ、ナコ、オ・ユナ、チャン・スア、イドタ ユイ、チョン・ジニョン、パン・ユナ、ク・ギョリョン、イ・フラン、イ・ソヌ、ペ・イェラム、ニジ、キム・スジン、ジェイラだった。

残りの19人はファンチケットで生き返った。ジン・ヒョンジュ、ゼリー ダンカ、ペ・ハラム、ナナ、キム・スミン、オ・ダウン、チェ・ヘリン、クォン・ウニョン、ナルミ、バネサ、ヨナ、アヤ ナツミ、パク・イェウォン、イ・スビン、ホ・ソンビン、リエル、ミナリ、エリシア、クォン・チェウォンが再びチャンスを手にした。

次の関門は、「Road to PRISM」だった。全員が同じランクでスタートし、プリズムランクまで昇格した8人だけがチケットを獲得してデビューできる中、すぐにデビューを確定できる方法も公開された。参加者たちは「これはチャンスだ」と、デビューに向けた期待を表し、新たに始まるラウンドに注目した。

・「UNIVERSE TICKET」リベンジバトルの結果は?キム・セジョンらが日本人参加者を絶賛

・「UNIVERSE TICKET」1:1バトルに日本人参加者ナルミが登場…審査員が絶賛

記者 : カン・ソジョン