映画「ファラン」出演ホン・サビン、韓国映画界で輝く新人俳優…ノワール感性をグラビアで披露

TVREPORT |

写真=「Marie Claire」
韓国で公開された映画「ファラン」の主役、俳優ホン・サビンの強烈なグラビアが公開された。

「ファラン」は、地獄のような現実から抜け出したい少年ヨンギュ(ホン・サビン)が、暴力組織の中間ボスのチゴン(ソン・ジュンギ)に出会い、危ない世界で共に過ごすようになったことから繰り広げられる物語を描いたノワール作品だ。

一瞬たりとも目を離すことができず、観客を引き込むノワール映画「ファラン」の公開を迎え、ホン・サビンの魅力が盛り込まれたグラビアが公開され、話題になっている。今回公開されたホン・サビンの「Marie Claire」のグラビアは、ノワールらしさを漂わせる特有のムードと自由奔放なエネルギーで「ファラン」の中の地獄のような現実を抜け出したい少年ヨンギュとは異なる魅力を見せ、彼の多様な姿を期待させる。

さらに「ファラン」で大衆の前に立つ新人ホン・サビンの真率な感想と映画に対する豊かなビハインドストーリーが盛り込まれたインタビューは今年韓国映画界で最も輝くホン・サビンと、深みのある「ファラン」に対する期待感を引き上げる。ホン・サビンの変身と「ファラン」に対する多彩な物語が盛り込まれたインタビューは「Marie Claire」10月号に収録されている。

記者 : キム・ヨンジュ