チソン主演、新ドラマ「アダマス」スチールカットを公開…一人二役の異なる雰囲気

Newsen |

写真=tvN
チソンが一人二役でジャンルが与える快感とカタルシスを味わわせる予定だ。

韓国で7月27日に初放送されるtvN新水木ドラマ「アダマス」は、継父を殺したという実父の汚名を晴らすため、真犯人を探す兄と、殺害の証拠である“アダマス”を探す弟による、双子の兄弟の真実を追う物語を描く。2人であり1人である双子の真実追跡記を取り扱う作品だ。

劇中でチソンは目標は同じだが、方法は異なる双子の兄弟(ベストセラー推理小説作家のハ・ウシン役/中央地検特捜部検事のソン・スヒョン役)で一人二役をこなす予定だ。

まず、ハ・ウシン(チソン)は双子の弟で、本名はソン・ウシン。心理描写の卓越した推理小説家だ。穏やかな言葉遣いと適当なユーモア、思慮深い性格で人類愛あふれるヒューマニストに見えるが、公私をはっきり区別する極めて理性的な人物だ。

人生と人間をすべて知っているような非凡な洞察力が最大の長所で強力な武器だ。ここになかなか平常心を失わない大胆なところまであり、父親を死に導いた殺害の凶器アダマスを盗みにヘソングループの心臓部ヘソン園に入る。果たして彼の心理学がヘソン院で効果を発揮するのか、好奇心を刺激する。

チソンが演じるもう一人のキャラクターソン・スヒョンは中央地検特捜部の検事で、ハ・ウシンとは180度異なる性格を持っている。ハ・ウシンが静的な性格なら、ソン・スヒョンはダイナミックで自身の感情に非常に率直な人物だ。

度胸もあり、打たれ強い上、明晰な頭脳でいつも学年1位で学生時代にかなり有名だったソン・スヒョンは母親の希望通り検事になり、法のシステムの下で真実を明らかにし、正義を実現しなければならない人になった。このような彼にちょうど開かれたパンドラの箱は、継父を殺した真犯人を探すよう22年前の事件に導く。ソン・スヒョンはどのようなルートで真実を掘り下げるのか、今後に関心が高まっている。

公開されたスチールカットからも、穏やかな湖と台風の目のように全く異なる双子の兄弟の正反対な性格を垣間見ることができる。まず、カジュアルなシャツを着た作家のハ・ウシンから、相手の心中を見抜こうとする鋭い視線が感じられる。そしてちょっと緩んだネクタイにスーツ姿の検事ソン・スヒョンからは、現在の状況に没頭した愚直さが感じられる。また、問題を解いていく方式でもソン・スヒョンは資料と証拠を通じて解決策を探すことに対し、弟ハ・ウシンは自身が見て感じたことがデータになり、考察を繰り返して突破口を探す。

このように小さなディテールまで区別し、双子の兄弟の魅力を多彩に見せるチソンがどのようにキャラクターを魅力的に描くのか、早くから期待される。継父の死と関連し、真犯人を追跡する兄ソン・スヒョンと証拠を探しに出たハ・ウシン。顔は同じでも性向は正反対な双子の兄弟の奮闘が繰り広げられる「アマダス」は、韓国で今月27日午後10時30分に放送スタートする。

記者 : パク・スイン