Vol.3 ― キム・セジョン「20代前半の春はI.O.Iとgugudan、20代後半の春は『社内お見合い』が青春として残る」

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=Jellyfishエンターテインメント

元gugudanで女優のキム・セジョンが最近放送が終了したSBS月火ドラマ「社内お見合い」でラブコメクイーンに変身した。

キム・セジョンは「社内お見合い」でGOフードの食品開発チームのシン・ハリ役を熱演した。キム・セジョンはドラマの序盤、シン・ハリと偽りのキャラクターシン・クムヒを行ったり来たりしながら、巧みな演技を繰り広げ、ドラマの人気を牽引した。

偽の恋愛で本当の愛を育てていくカン・テム(アン·ヒョソプ扮)とのロマンスから親友チン・ヨンソ(ソル・イナ扮)との友情、仕事のできる会社員モードまで多様な姿を見せ、女優としての地位を固めた。

おかげで「社内お見合い」は、最高視聴率11.6%(ニルソンコリア全国世帯基準)を記録、さらにNetflixを通じて世界中で愛される人気ドラマとなった。

・Vol.1 ― キム・セジョン「社内お見合い」大ヒットは予想していた?“最終回のシーンは残念ながらカットされてしまった”

・Vol.2 ― キム・セジョン「社内お見合い」アン・ヒョソプとのラブシーン“一番良かったのはアドリブで作られたもの”

――最後のシーンでアン・ヒョソプとの愛情溢れるシーンが話題を集めましたが、現場でのエピソードを教えてください。

キム・セジョン:幸いにもスキンシップをするほど、気楽になりました。初めはあまりにもぎこちなくて……(笑)。自分の性格上、ぎこちないのがバレたくなくて、ぎこちなくないふりをすると思います。今回のドラマだけはぎこちなかったり恥ずかしかったりしたことはそのまま話しました。それでありがたくも配慮していただきながら撮影することができました。おかげで、そのシーンがぎこちなかったり、変に感じられませんでした。演出家さんももう少し繊細な演技が必要な時に、何度も撮影したり、掘り下げる撮影方法を用いずに、できればワンテイクで生かせるものを生かして、掘り下げる必要があるものを分けて行いました。それは感謝しています。

――昨年、「SBS演技大賞」で「アン・ヒョソプとキム・ユジョンのベストカップル賞」を授賞し、スリーショットが話題を集めました。今年を狙うと言いましたが、自信ありますか?

キム・セジョン:年明けのドラマでなかったら、自信を持ってお話しすることができますが、年明けのドラマなので、この後、どんな錚々たる作品が出るか分かりませんよね。しかも私がSBSの作品を続けることになったので、お答えすることができませんね。しかし、候補に上がることはできるきれいなカップルだったと言えます。

――現場の雰囲気はどうでしたか?

キム・セジョン:文字通り笑いが溢れる現場でした。大変な状況も多いドラマでしたね。最近、このご時世に放送しているドラマの状況は、新型コロナウイルスとも重なってオファーも大変で撮影の環境自体も容易ではありません。誰かが感染したら休まなければならない状況もありました。そのため、雰囲気をキープするのが簡単ではないのに、誰一人大変だとか嫌な話をしないで受け入れて、笑おうと頑張りました。俳優だけでなく、すべてのスタッフがそうでしたね。その気持ちを分かっているから笑いの価値があったと思います。本当に幸せな現場でした。

写真=SBS
――ソル・イナさんとも実際に親友ですが、演技する際には役に立ちましたか?

キム・セジョン:とても役に立ちました。完全にその役として感じられる瞬間が来ると、すべてのシーンで心配がありません。そういった瞬間を最も多くプレゼントしてくれたのがソル・イナだったと思います。「ヨンソ」がいたので、その「ヨンソ」がソル・イナだったので、「ヨンソ」と一緒にいる「ハリ」も「ハリ」でした。これからももっとたくさんの時間を積んでお互いがお互いに助けられる同僚として成長できたらと思います。そうやってお見せしたいです。よろしくね。

――多くの方々が「次世代ラブコメクイーン」として名前を挙げていますが、その修飾語はプレッシャーではないですか?

キム・セジョン:プレッシャーになります。確かなことはそのプレッシャーが私をもっと成長させてくれるのだと思います。毎瞬間そのプレッシャーを持ち、そのプレッシャーと上手くやりたいという気持ちのおかげで、より一生懸命やることができました。もっと良くしたいという気持ちがプレッシャーを作るようです。

――ラブストーリーの新しい主人公として自分だけの強みや個性は何でしょうか?

キム・セジョン:どこかにいそうな人物を演じるのが強みだと思います。演技もイメージもどこかにいそうな人のように見えることが、没入感を引き出せるのではないでしょうか。これからもそんな部分が長所として作用するのではないかと考えています。

写真=SBS
――前作に続き、再び大ヒットに成功しましたが、どんな気分ですか? 次回作に対するプレッシャーはありませんか?

キム・セジョン:次回作のヒットを気にするというよりも、今後「セジョン」としてその先を見ていくと思います。「セジョン」はこれからも頑張っていきます。一生懸命にやり、どんな試練が来ても楽しくて幸せに勝ち抜けると思います。その過程で当然試練が来るでしょう。それが次回作になるかもしれないし、様々な過程になると思います。単純に次回作がヒットするかどうかを考えることはできません。私も知らないことです……でもうまく乗り越えてうまくやり遂げる、もっと成長していく「セジョン」になると信じています。次回作のヒットより、これからの「セジョン」について話すなら自信あります。

――作品を見る目も優れていると思いますが、作品を選ぶ基準は何ですか?

キム・セジョン:優れているというより、良い作品が来てくれましたね。私が学べる部分、新たに挑戦できる部分があるかどうかは必ず見ます。今回の作品で私が学ぶことができる何かが確かなら選びます。

――次回作が「今日のウェブ漫画」に決定しました。期待してほしいポイントは?

キム・セジョン:以前は原作を見ていませんでしたが、これから見てみるつもりです。台本を読みましたが、2番目の夢を見ている皆さんを応援できるドラマになれたらと思いました。夢を叶えた人がいて、叶えられなかった人がいます。夢を叶えても次の夢ができれば毎日生きて行くことができます。夢を叶えたからといって人生が終わるのではなく、次の目標がなければなりません。夢を叶えられなかった方々も、今日一日を生きていくために今できる最善のことを選択したと思います。2番目の夢も輝かないのではなく価値のある夢だと思います。1つ目の夢が叶えられなかったからといって、2つ目の夢をやめないでほしいです。2番目の夢を見る人たちを応援するドラマになったらいいなと思って準備しています。

写真=Jellyfishエンターテインメント
――「社内お見合い」で一生懸命頑張ることを怖がらなくなったと言っていました。その他に、今回の作品が女優のキム・セジョンに与えた影響はありますか?

キム・セジョン:必ずしもこのドラマだからではなく、この瞬間として言うと、ありがたいことにこのドラマがうまくいって、これまで私がやってきたことがいくつか話題になりました。ここまで頑張ってきたから、こうして調べてもらえるんだと思います。最近は情報が残っていくので、今すぐじゃなくてもいつか調べてもらえる瞬間があります。今すぐ結果が出なくても挫折する必要はないと思いました。

――「社内お見合い」を通じて「女優キム・セジョン」を記憶する人々が増えたと思います。女優としてこれまでどれぐらい成長したと感じますか? またこれからどんな俳優として記憶されたいですか?

キム・セジョン:これからの宿題だと思いますが、「キム・セジョン」として記憶されたいです。女優、歌手、ミュージカル俳優という職業よりは。歌も続けて、演技も続けて、ステージにも立ちます。これからも一生懸命生きるキム・セジョンとして記憶に残りたくて、何一つ置きたくありません。ありがたくもミュージカルを通じて演技のスタディーグループに入ることになりました。できないことに対して怖がらないようにしようということを学びました。先輩たちの前で即興的に演技しなければならないことについて、「これをお見せしてこそ成長できるんだ」と学びました。女優としての成長はまだまだ遠いようです。これからも学ばなければならないことはたくさんあるのに、27歳という段階だけ来たようです。成長は遅いですが、一生懸命に頑張って、70段階以上前に進むべきことがあるので、それだけ成長していくセジョンになるのではないかと思います。

――「社内お見合い」はキム・セジョンにとってどんな意味として残ると思いますか?

キム・セジョン:「青春だった」と思うかもしれません。今私はきれいな年齢です。そのきれいな年齢でこんなにきれいな瞬間が記録され、きれいな結末まであり、私が30歳を超えて50歳になり、ずっと年を取っても私の20代後半の一瞬を振り返ると、「社内お見合い」が真っ先に思い浮かぶのではないかと思います。20代後半を最もよく切り開いてくれた作品でもあります。20代前半の春は、I.O.Iとgugudanでしたが、20代後半の春は「社内お見合い」です。

記者 : イ・ミンジ