「社内お見合い」ソン・ウォンソク、放送終了の感想語る“アン・ヒョソプ&元gugudan キム・セジョンさんと共演できて幸せ”

TVREPORT |

写真=STARHAUSエンターテインメント
俳優のソン・ウォンソクがドラマ「社内お見合い」の放送が終了した感想を明かした。

ソン・ウォンソクは最近韓国で最終回を迎えたSBS月火ドラマ「社内お見合い」で、主人公のシン・ハリ(元gugudanのキム・セジョン)が片想いをするシェフのイ・ミヌ役を演じ、複雑な感情表現はもちろん、圧倒的なフィジカルと優れたビジュアルで視聴者を魅了した。

彼はこれまで、SBSドラマ「ホン・チョンギ」「One the Woman」に続き、「社内お見合い」まで、視聴率と話題性を兼ね備えた作品に相次いで出演し、驚きの勢いで再び俳優としての存在感を証明した。さらに真心をこめた演技と完璧なキャラクター表現力で「社内お見合い」のイ・ミヌという人物に蓋然性を与え、ドラマの完成度を高めた。

ソン・ウォンソクは「『社内お見合い』をたくさん愛していただき、ありがとうございます。幸せそうな皆さんの姿を見て、僕も幸せでした。今後もより良い演技と作品でお会いしましょう」と感想を残すと共に、一問一答形式でドラマに関するインタビューに応じた。

――無事にドラマを終えた感想は?

ソン・ウォンソク:素敵な共演者の皆さんと無事に撮影を終えることができて、とても幸せでした。特にアン・ヒョソプさんは古い友人なので、撮影が始まる前からカン・テム(アン・ヒョソプ)とイ・ミヌとして、どう演じるかに対する期待が高かったです。キム・セジョンさんはエネルギッシュで明るい性格なので、いつも笑顔で楽しく撮影することができました。最後の撮影が終わって寂しくもあり、スッキリもしましたが、ドラマがたくさん愛されたので、撮影の間ずっと嬉しかったです。

――イ・ミヌというキャラクターを演じるために特別に準備したことは?

ソン・ウォンソク:イ・ミヌの職業がシェフなので、周りの料理人たちから教えてもらい、シェフらしく料理を作る方法を中心にたくさん習いました。感情的な部分では、ハリに感じる友人としての感情はもちろん、異性としての感情に気づいていく変化をどう表現するかについてたくさん悩みました。

――イ・ミヌを演じたことにおいて、満足していることと残念なことは?

ソン・ウォンソク:いつも作品が終わると寂しい気持ちが大きくなります。ハリに接するミヌの感情が一方的でも、ミヌの立場でたくさん理解し、感じ、共感する努力をしました。幸い「ミヌだからそんなこともあり得る」と僕を応援してくれる視聴者の方々がいて、感謝しています。

――「ホン・チョンギ」「One the woman」「社内お見合い」など、話題作に相次いでキャスティングされましたが、その秘訣は何だと思いますか?

ソン・ウォンソク:出演した作品が全て成功して嬉しいです。僕の様々なイメージを良く見ていただけたので、キャスティングしていただいたと思っています。素晴らしい監督、脚本家の作品に出演することができてラッキーだったと思います。監督に僕の顔には善と悪が共存すると言われましたが、そこからミヌの姿を見つけて僕を選んでくれたと思っています。

――今後、新たに演じてみたいジャンルやキャラクターは?

ソン・ウォンソク:ジャンルを問わずどのようなキャラクターでもチャレンジしてみたいです。あるイメージに偏らない、多才多能で全てのキャラクターをこなせる俳優になりたいですね。

――最後に「社内お見合い」を愛してくれた視聴者の方々に一言お願いします。

ソン・ウォンソク:「社内お見合い」をたくさん愛していただき、ありがとうございます。幸せそうな皆さんの姿を見て、僕も幸せでした。今後もより良い演技と作品でお会いしましょう。ありがとうございます。

記者 : パク・ソリ