ZE:A ジュンヨン、女性配信者が暴露した当事者に浮上?怒りの反論「登録者数が10万人を超えたら公開する」

OSEN |

写真=ジュンヨン Instagram、BJハル Instagram
Afreeca TV(ライブストリーミング配信サービス)のBJ(Broadcasting Jockey:放送司会者)ハルが、男性アイドルから受けた被害を暴露した中、当事者と噂されていたZE:Aのジュンヨンも彼女の暴露を予告した。 

26日の午後、ジュンヨンはYouTubeチャンネル「ZE:A Leader」のコミュニティに、「有名アイドルからスポンサーの提案をもらったと話すコカイン本座(ある分野にて最高の位置や能力のある人という意味)。本当にいろんな人がいるんだな」と書かれたBJハルの生配信のキャプチャー画面を掲載した。

該当の映像は、BJハルが生配信で男性アイドルAと交わした会話の内容を暴露している場面で、当時彼女は「最初はビジネスの話を持ち掛けられた。有名なアイドルだったので無視するわけにはいかなかった」とし、「事業については断ったけれど、私のファンなので会おうと言ってきた。プレッシャーに感じたので断ったけれど、誰が見ても告白と言わざるを得ない明確な告白だった」と明らかにした。 

続けて「その後ちゃんと話が終わったけれど、スマートフォンをなくしてしまったとDM(ダイレクトメッセージ)が来た。何度もDMが届いたけれど、返事をしなかった。そしてその間に、私の生配信に来始めた。私は顔に落書きをして出たけれど、その方はグループ名を省略したニックネームに変えていた」とし、男性アイドルAから受け取ったメッセージの一部を公開した。BJハルは、Aさんとの通話の録音も持っているという。

写真=ZE:AのジュニョンのYouTube
実際に、BJハルが公開したメッセージによると、男性アイドルAは「この世の誰よりも大切にし、愛する自信があります。チャンスをください。顔、声、酒癖、さらに笑い声、前歯までとても僕のスタイルです。愛しいです。今でなければ逃してしまいそうなので、本心を伝えています」と語っている。 

しかし、男性アイドルAの積極的なメッセージに不快感を抱いたBJハルは「私が負担になると話したにもかかわらず、(生配信を)見に来たのがとても嫌だった。その方が私に星風船(Afreeca TVのサイバーマネー)をたくさん送ってきた。でも、誰なのか分かった状態でもらうのは、すごく嫌だった。なので『払い戻しをします』と私から先に言った。するとプライドが傷つけられたと怒り、払い戻しを要求された」とし、約169万ウォン(約16万9千円)の振込証明書を見せた。

BJハルのこのような暴露が話題を集めると、ファンはAさんの正体をめぐり疑問を表した。一部のネットユーザーは、BJハルの発言から、最近飲酒運転で議論を呼んだZE:Aのジュンヨンではないかと推測した。

ジュンヨンはこれを意識したのか、自身のYouTubeのコミュニティに「ここまではしないでおこうと思っていたのに、“今だ!”と思って水増しの炎上商法をするなんですごいですね」と、BJハルの暴露に反論する長文を掲載した。

「映像であんなことまでして1位になって、強制退会までさせられて、19禁動画が公開されたら騒動は大きくなるみたいですよ? どんなハプニングがあったのか全て公開します。僕はね、あなたが露出をしていようがしてなかろうが関心ないのですよハルさん」と述べた。

それだけでなく、ジュンヨンは「1日で何百万ウォン(数十万円)、数千万ウォン(数百万円)使うファンにだけ公開して、熱血なファンだけが見ることができるプレゼントの1対1トークで貰える写真と映像とは果たして何でしょうか? なぜ19禁映像と言われているのでしょうか? (YouTubeの)登録者数が10万人を超えたら公開します」と明かした。

先立ってジュンヨンは6日午前、ソウル江南(カンナム)区彦州(オンジュ)路周辺で飲酒運転で警察に摘発された。ジュンヨンは泥酔状態で一方通行の区間を逆走行し、警察に通報された。彼が飲酒運転で物議を醸したのは2018年に続き2回目だ。

・ZE:A ジュンヨン、2度目の飲酒運転を自ら謝罪も…通報者には怒り「芸能人という理由で脅迫された」

・ZE:A ジュンヨン、2度目の飲酒運転で摘発…YouTuberの暴露で明らかに

記者 : イ・スンフン