ZE:A ジュンヨン、2度の飲酒運転やスポンサー説に涙の謝罪「メンバーたちに被害が及ばないでほしい」(動画あり)

Newsen |

写真=Newsen DB
ZE:Aのジュンヨンがこれまでの騒動と関連し、心境とコメントを伝えた。

彼は最近公開されたYouTubeチャンネル「有罪席」第1話のゲストとして出演した。

「有罪席」はトラブルを起こした芸能人が出演し、自身のコメントを伝える謝罪専門チャンネルだ。

ジュンヨンは2回目の飲酒運転について謝罪した。彼は「まず単刀直入に、飲酒運転に関しては100回でも、1000回でも僕の不覚だと思う。現在は事件の調査も終わった状態で、自粛して過ごしている」と話した。

先立って今年3月6日、ソウル江南(カンナム)区彦州(オンジュ)路周辺で飲酒運転で警察に摘発されたジュンヨンは2018年に続き、2回目の飲酒運転で議論になった。5月31日、法曹界によると、ソウル中央地検検事職務代理部は5月9日、道路交通法上飲酒運転を行った彼に罰金800万ウォン(約80万円)の略式命令を言い渡した。

写真=YouTubeチャンネル「有罪席」キャプチャー
彼は、BJ(Broadcasting Jockey:放送司会者)ハルのスポンサー説についても語った。先日、ジュンヨンは人気BJのハルにビジネスを口実に、交際を提案したという疑惑が浮上。彼は先にBJハルに連絡した理由について「僕が本当にやりたかったことの1つが音源事業だった。エンターテインメント的に。それで当時あまりにも話題になっていた彼女に連絡した」と答えた。女性として全く関心がなかったのかという質問には「僕の立場では、どうにかして一度でも会えば少しでも考えが変わるのではないかと率直に思った。そして映像も同じだし、映画やドラマもずっと見ていると男性主人公や、女性主人公のファンになれるじゃないか。僕もそうだった」と答えた。それと共に「スポンサー説については当事者のその方がもっとよくご存知だと思う」とし「僕より収入が多いと聞いている」と強調した。

また、許諾なしでお互いにやりとりした会話の内容を公開したことに対し「正直に不快だ」と語った。彼は「庇ってあげると言っていたじゃないか。よくしてくださった。このような事例を見せてこそ、別の人が下心を持って近づいたりしない」としながらも「ところが、僕の考えでは、理由のない星風船(Afreeca TVのサイバーマネー)はない。理由のない後援はないと思う。僕もそうだった」と自身の考えを示した。

ジュンヨンは600万ウォン(約60万円)ほどの星風船を送ったことは事実だと認めた。しかし、一部を払い戻してもらったことについては「168万ウォン(約17万円)の払い戻し男になってしまったのが僕はちょっと自尊心が傷ついた。結局、僕にはずっとそういうタイトルができてしまったのだ。フラれたやつ、払い戻し男と呼ばれるようになった。さらに刺激的なものも多く、ただ恥ずかしいだけだ」と心境を吐露した。

続けて「僕がもしその方だったらそのようにはしない。そんなふうに人を馬鹿にしたりしない。ところが、そのような人がいた。だから僕というバカ、目立ちたがり屋が生まれたのだと思う」と付け加えた。また「僕も一度はこのような席でその方に少し心を込めて謝りたかった。会話が最初から僕が意図しなかった方向に流れ、人対人なのにあまりにも僕のことだけを考えて、負担になるように行動してしまったと思う。その部分についてはこの場を借りて本当に心から謝りたい。これからするすべてのことがうまくいくことを願う気持ちで、最初のように僕もファンだったし、これからもたくさん愛されてほしい」とBJハルに謝罪した。

写真=YouTubeチャンネル「有罪席」キャプチャー
その後、ジュンヨンは自身に対する悪質なコメントを読む時間を持った。飲酒運転に関するコメントに対し、彼は「申し訳ない。人間の子じゃない」と改めて謝罪。続けて「ZE:Aのリーダーなのにメンバーたちに被害が及ぶとは思わないのか」というコメントには「悪質なコメントというよりは正しい言葉だ。僕も最も重要だと思う部分の1つがこれだ」とし「この『有罪席』という番組に出たことや、再び飲酒運転が話題になることで、このようなコメントによってメンバーたちが被害を受けないことを願う。それは本当にお願いする」と頼んだ。それから「チャラ男」という指摘については「申し訳ない。チャラ男で……。これからはきちんとした姿をお見せする」と意気込みを語った。

そして、彼は母親のボイスメッセージに涙を流した。ジュンヨンは「これはきつい。始める時からずっと泣きそうだったのに、時間が経てばよくなると思っていたけど……」としばらく話を続けることができなかった。やっと気持ちを引き締めた彼は「お詫びするためここに来たが、それが本当に……。文章で表現するのと言葉で表現するのは……感情がたくさん交差する」とし「これ以上ミスしない人になるため努力する。申し訳ない。そしてこれまで本当に恥ずかしくて自尊心もかなり傷ついたが、この場を借りてそのままこれからはミスしない人になる。一生懸命に生きる。申し訳ない」と謝罪し、番組を終えた。

・ZE:A ジュンヨン、2度目の飲酒運転の疑いで略式起訴…約80万円の罰金

・ZE:A ジュンヨン、女性配信者の暴露に怒り「メンバーたちに申し訳ない」

記者 : パク・アルム