Apink ソン・ナウン、ドラマ「人間失格」放送終了の思いを語る“幸せな時間だった”

OSEN |

写真=YG ENTERTAINMENT
Apinkのソン・ナウンが、ドラマ「人間失格」を通じて一段と成長した演技力を証明した。

韓国で24日に終了した総合編成チャンネルJTBC 10周年特別企画「人間失格」(脚本:キム・ジヘ、演出:ホ・ジノ、パク・ホンス)でミンジョン役を務めて活躍した彼女は、愉快ながらも危なっかしい若者の姿を毎回魅力的に描いて多くの支持を受けた。

ソン・ナウンの自然なセリフと繊細な表情は、キャラクターとのシンクロ率を高め、“ミンジョンそのもの”という評価を得た。また、ドラマの終盤でミンジョンが持つ過去と内面の寂しさが表れ、幅広い感情を披露し、ストーリーに入り込ませる上で大きな役割を果たした。

ドラマを終えて、ソン・ナウンは「素晴らしい監督、脚本家、スタッフの皆さん、俳優の方々と共にできて光栄だった。ミンジョンという姿で視聴者の方々に会うことができて幸せな時間だったし、最後だなんて残念だ」と伝えた。

また、彼女はミンジョンに対して、「すごく立体的な人物だったので、もっと魅力的に感じたし、そういう部分をしっかり表現したかった」とし「時には一風変わっているように見えるけれど、軽すぎないようにしようと心がけた。ミンジョンがどうしてこのような発言と行動をしたか、たくさん考えた」と説明した。

「人間失格」の中で輝いたミンジョン、ガンジェ(リュ・ジュンヨル)、タクイ(ユ・スビン)のケミ(ケミストリー、相手との相性)の理由も伝えた。ソン・ナウンは「現場でも雰囲気がすごく良かった。2人にたくさん助けていただいて、もっと気楽に楽しく撮影することができた。だから見た時にもっといいケミが出たんじゃないかと思う」と話した。

また、彼女は「参加したすべての方々に本当に感謝を言いたい。『人間失格』とミンジョンを愛してくださった視聴者の方々に本当にありがたい。これからももっと良い姿でお会いするために努力したい」と伝えた。

ソン・ナウンは、新ドラマ「ゴースト・ドクター」への出演を確定し、活躍を続けていく。

記者 : ソン・ミギョン