リュ・ジュンヨル&Apink ソン・ナウン&ユ・スビン、新ドラマ「人間失格」スチールカットを公開

MYDAILY |

写真=C-JeSエンターテインメント、ドラマハウススタジオ
リュ・ジュンヨル、Apinkのソン・ナウン、ユ・スビンがリアルな青春の素顔を描く。

9月4日に韓国で放送がスタートするJTBC新土日ドラマ「人間失格」(脚本:キム・ジヘ、演出:ホ・ジノ、パク・ホンス)は26日、平凡な人生の中で彷徨う青春を生きるガンジェ(リュ・ジュンヨル)、ミンジョン(ソン・ナウン)、タクイ(ユ・スビン)のスチールカットを公開した。

「人間失格」は、人生の途中でふいに何者にもなれなかったことに気づく、光に向かって最善を尽くしてきた平凡な人々の物語を描く。何者にもなれないまま、人生に迷っている女性ブジョンと、何者にもなれそうにない自分が怖いまま、青春の終わりを迎えようとしている男性ガンジェ、深い闇の中で向き合った男女2人のヒーリングと共感の物語を密度のあるタッチで描く。

“信じて見られる俳優たち”と数多くの“人生に残る作品”を作り上げた制作陣の出会いは、それだけでもドラマへの期待を高める。約5年ぶりにドラマに復帰するチョン・ドヨンとリュ・ジュンヨル。そして映画「世宗大王 星を追う者たち」「徳恵翁主」「春の日は過ぎゆく」「八月のクリスマス」など、数々の名作を誕生させた韓国恋愛映画の巨匠ホ・ジノ監督と、映画「ソウォン 願い」「私の愛、私の花嫁」「建築学概論」を通じて笑いと感動を与えた脚本家のキム・ジヘが意気投合し、次元の違う感性ドラマの誕生を期待させる。

この日公開された写真には、ガンジェの全く異なる2人の友達ミンジョンとタクイの姿が収められている。ガンジェに呼ばれて集まったミンジョンとタクイ。周囲を見回りながら誰かを待っているガンジェの視線が忙しい。ミンジョンはこうした状況に慣れたように、余裕のある微笑みを見せており、そんな2人を見守るタクイの顔は明るい。なかなか仲良くなれそうもない3人3色の青春の怪しい出会いに、注目が集まっている。

ソン・ナウンは、普通の人生に簡単に入り込むことができない危うい青春を生きるミンジョン役で変身を遂げる。ミンジョンは9年目のアイドル練習生を辞め、ガンジェの代行サービスのパートナーになる。唯一の夢であり、最後の目標を失った空しさから、今は“どこにでもいる普通の人”になるために努力している。ユ・スビンは、普通の人生から抜け出したことがなくてもどかしい青春を生きるタクイ(スンジュ)役を熱演する。独特な言葉遣いからスンジュという本名ではなく、タクイというあだ名で呼ばれる彼は、ガンジェの長年の親友だ。おとなしく静かだが、言いたいことは言うタクイには、不幸さえも平凡なものにする特別な能力がある。もっと高い場所に這い上がるために悪あがきするガンジェ、そしてミンジョンとタクイの物語が共感を届ける見通しだ。

「人間失格」の制作陣は「それぞれ異なる人生を生きてきたが、結局似たような青春を過ごしているガンジェ、ミンジョン、タクイの彷徨と苦悩に共感できると思う」とし「そんなに特別でもなく、平凡でもない青春の姿でドラマのもう一つの軸を引っ張っていくリュ・ジュンヨル、ソン・ナウン、ユ・スビンの活躍も期待してほしい」とコメントした。

「人間失格」は9月4日の午後10時30分、韓国で放送がスタートする。

記者 : チョン・ジヒョン