ピョン・ヨハン&キム・ムヨル主演、映画「ボイス」スチールカットを公開…振り込め詐欺グループの実体

Newsen |

写真=CJ ENM
ビョン・ヨハンとキム・ムヨル主演の映画「ボイス」が、緻密で壮大な振り込め詐欺グループの実体を収めたスチールカットを公開した。

9月に公開される映画「ボイス」は、韓国で初めて振り込め詐欺を扱ったリアル犯罪アクションで、振り込め詐欺の罠にはまり、全てを失ったハン・ソジュン(ピョン・ヨハン)が、奪われたお金を取り戻すために、中国にある組織の本部に侵入し、振り込め詐欺の主犯格であるクァクプロ(キム・ムヨル)と出会って繰り広げる犯罪アクション映画だ。

8月19日に公開されたスチールカットには、誰もが知っているが、その実体については誰も知らなかった振り込め詐欺の緻密かつ巨大な実体を強烈に盛り込んでいる。韓国で初めて振り込め詐欺という題材を映画で扱い、現実性がある上、物語としての面白さを加え、これまで見たことのない犯罪アクションの新たな基準になることを予告する。

まず、目を引くのは、振り込め詐欺ですべてを失った被害者のハン・ソジュンと、振り込め詐欺グループの総責任者クァクプロの個性的な姿を込めたスチールカットだ。直接、詐欺グループの本拠地に向かったハン・ソジュンが、どのようにしてその実態を暴くのか、注目が集まっている。

さらに振り込め詐欺グループの本拠地、コールセンターの様子もスチールカットに盛り込まれ、これまでの韓国映画では見たことのない、リアルな世界が繰り広げられることを予告した。特に、詐欺グループを追う本気さを表情で表したピョン・ヨハンとキム・ヒウォン、ビジュアルだけで鳥肌の立つ残酷さを表現したキム・ムヨルとパク・ミョンフンが、劇中で繰り広げる熱演と相乗効果により一層期待を高める。

次に強烈なキャラクターたちが繰り広げるリアルなアクション演技が盛り込まれた。ハン・ソジュンと、彼が追うクァクプロが向き合うシーンで見せる真剣な眼差しで、劇中のスリリングな緊張感を垣間見ることができる。

また、ハン・ソジュンの凄絶なアクションが盛り込まれたスチールカットは、ピョン・ヨハンの体を張る熱演を予告し、痛快なカタルシスを期待させる。

それだけでなく、振り込め詐欺が行われる本拠地で、被害者のお金を集金して熱狂するクァクプロの姿は、残酷な狂気を見せ、強烈なキャラクターによる新たな犯罪アクションを予告した。

映画「ボイス」は韓国で9月に公開される。

記者 : ペ・ヒョジュ