キム・ヒャンギ&リュ・ヒョンギョン主演、映画「子供」心温まるポスターを公開

MYDAILY |

写真=ロッテエンターテインメント
2021年心温まる慰めと癒しの映画「子供」が、1人で持ちこたえていた人生で出会った3人の主人公の温もりが感じられるポスターを電撃公開した。

「子供」は、早くも大人になってしまった子供アヨン(キム・ヒャンギ)が頼る人もなく、1人で子供を育てる新米ママのヨンチェ(リュ・ヒョンギョン)のベビーシッターになることから繰り広げられる、温まる慰めと癒やしを描いた映画だ。

公開されたポスターは、日差しの下で眩しく輝く2人の主人公アヨンとヨンチェの美しい微笑みとともに、好奇心溢れる眼差しで世の中を見つめる子供の視線を盛り込み、映画の温かい感性をそのまま伝える。児童学科卒業班の保護終了(児童保護施設など、法的制度のもとで保護を受けた後に保護が終了した)青年で、生計手段としてベビーシッターを選んだアヨンと、頼る人もなく1人で子供を育てる新米ママのヨンチェ。2人が出会い、子供と一緒に描いていく温かい物語に興味をそそられる。そして「1人で持ちこたえていた人生、お互いに出会う」というキャッチフレーズは、2021年に優しい慰めと癒やしのメッセージを観客に届ける映画「子供」への期待を一層高める。

2021年旧正月連休の映画館で、映画「優しい嘘」「無垢なる証人」が世の中に届けた鋭くて温かい感性を再び披露する「子供」は、安定的な演技力で映画とドラマで大活躍している韓国の代表俳優たちが共演する。

まず「神と共に」シリーズ、「無垢なる証人」「優しい嘘」などを通じて、ラブリーな魅力と繊細な演技力を証明して人気を博しているキム・ヒャンギは、早くから大人になってしまった児童学科の卒業を控えている保護終了青年のアヨン役を務め、代替不可能なキャラクターを演じる。

また強烈な個性をもつ実力派のリュ・ヒョンギョンは、頼る人もなく、1人で子供を育てるシングルマザーのヨンチェ役を演じる。最近、ドラマ「悪霊狩猟団:カウンターズ」を通じて最高の人気を博している女優ヨム・ヘランはヨンチェを娘、妹のように支える頼もしい社長ミジャ役で、1人で世の中を行きていく人々に応援と癒やしを与える予定だ。他にも、傷だらけの人生を一緒に歩んでいく多様な人物が登場、新年を迎えた旧正月連休に観客に共感と慰めをプレゼントする作品として期待を集めている。

ポスター公開と共に期待が増している2021年新年を迎えて慰めと癒しを届ける映画「子供」は、2月10日に韓国で公開される予定だ。

記者 : クァク・ミョンドン