U-KISS出身イライと離婚…チ・ヒョンス、過去の発言が話題に「寂しく過ごした…家で夫だけを待っていた」

OSEN |

写真=チ・ヨンス SNS
U-KISS出身イライとの離婚を知らせたチ・ヨンスの過去の発言が、再び話題になっている。

昨年1月に放送されたMBNバラエティ番組「トンチミ」では「あなたのせいで私の人生が狂ってしまった」というテーマでトークが披露された。

この日の放送でチ・ヨンスは「私は新妻ではなく、未亡人の人生を生きてきた」とし「結婚して子供が生まれるまでの2、3年をものすごく寂しく過ごした」と打ち明け、注目を集めた。

チ・ヨンスはイライの知人との多少衝撃的な話を聞かせてくれた。彼女は「夫が海外のスケジュールに行くと、夫の知人に呼び出されたので行った。その場で知人たちは『イライの未来のためにあなたが去れ。これは重要な問題だ。あなたは離れるべきだ。イライがあなたのせいで稼げなくなったらどうする』と言われた」と伝えた。

自然に外に出かけなくなり、知人たちをはじめ、人に会うこともなくなったというチ・ヨンスは「家で夫だけを待っていた。結婚から1年を迎えたとき、夫と一緒にいた日を数えてみたら75日しかなかった。その75日も外国の移動中に寄ったり、飲み会のために少し帰国しただけだった。私とはほとんど時間を過ごさなかった」と当時を振り返った。

続けて「とても腹が立った。離れて暮らしながら仕事ばかりして、自動車のローンを払うために生きているのかと思った」と嘆いた。

また、2017年に放送されたKBS 2TVバラエティ番組「家事する男たち」では、二人は7年間恋愛したが、お互いについてもっと知るため相談を受ける姿が描かれ、チ・ヨンスが「イライのせいでいつも怒っている」と話すシーンが放送された。

写真=「トンチミ」放送画面キャプチャー
イライは26日、自身のInstagramに「妻と私は離婚することにしました。私は現在アメリカにいて、息子のマイケル(韓国名:ミンス)は韓国で妻と暮らしています。私は今、マイケルに会うことはできないけれど、会いにいける時に彼に会いに行くし、彼が必要とする父親になるために最善をつくすつもりです」と書き込み、チ・ヨンスとの離婚を伝えた。

しかし、わずか数ヶ月前の6月、チ・ヨンスが自身のSNSに「6年目の結婚記念日。恋愛まで10年間たくさん愛して喧嘩したり泣いたり叫んだり、抱きしめて大切にしてあげたり。無限リピート中。毎年一緒にしてくれた大切な私のベストフレンド、ありがとう。今年も幸せな結婚記念日。祝ってくださった皆さん、ありがとうございます」とコメントし、イライと仲良くポーズを取った写真を投稿しただけに、彼らの離婚は残念でならない。

11歳差夫婦だったイライとチ・ヨンスは2014年6月に婚姻届を出し、2017年に結婚式を挙げた。二人には息子が一人いる。

・U-KISS出身イライ、6年の結婚生活にピリオド…チ・ヨンスとの離婚を発表「応援してくださった皆様に心から感謝」

・チ・ヨンス、夫U-KISS イライに対する虚しさを吐露「ひたすら待っていた…会えたのは1年でわずか75日」

記者 : チェ・ナヨン