チャン・ヨンナム、映画「徐福」で研究員に変身…コン・ユ&パク・ボゴムとの共演にも期待

Newsen |

写真=映画「徐福」 スチールカット
チャン・ヨンナムが新作でイケメン俳優と共演する。

12月に公開される映画「徐福」(監督:イ・ヨンジュ)は、人類初のクローン人間“徐福”(パク・ボゴム)を極秘で移送する最後の任務を引き受けた前職国家情報院要員のキホン(コン・ユ)が、徐福を奪おうとする複数の勢力から逃れる中で、予期せぬ状況に巻き込まれてしまうストーリーを描いた作品だ。

「私のオオカミ少年」のソン・ジュンギをはじめ、「コンフィデンシャル/共助」のヒョンビン、「無垢なる証人」のチョン・ウソン、「サイコだけど大丈夫」のキム・スヒョンまで、イケメン俳優と多くの作品で共演したチャン・ヨンナムが、今回はコン・ユ、パク・ボゴムと共演する。

チャン・ヨンナムは人類初のクローン人間の徐福を誕生させたソイン研究所の責任研究員イム・セウン役を務める。徐福の成長過程を最も近くで見守ってきたイム・セウンは、どんな状況でもポーカーフェイスを忘れない、生まれつきの冷徹さを持っているが、徐福の前では限りなく優しい人物だ。

「真っ先にチャン・ヨンナムを思い出した」というイ・ヨンジュ監督の言葉通り、キャラクターと高いシンクロ率を誇るチャン・ヨンナムは、本音が分からない研究員のイム・セウン博士を集中力ある演技で描き、劇への関心を高める予定だ。

「徐福」は韓国で12月に公開される。

記者 : ペ・ヒョジュ