「ペントハウス」S.E.S. ユジン、ショートヘアに変身!スチールカットを初公開

TVREPORT |

写真=SBS
SBS新月火ドラマ「ペントハウス」に出演するS.E.S.のユジンが、娘と自身の成功のために暴走する母親オ・ユンヒ役を務める。

「ペントハウス」は100階建てのペントハウスに住む、近づくことができない“クイーン”、すべてを飲み込むほどの欲望に溢れた“プリマドンナ”、上流社会に入るために疾走する“女性”たちが、それぞれ満たされない欲望で住宅価格も、教育も1番水準の高い地域で繰り広げる不動産と教育をめぐる戦争を描くドラマだ。

ユジンは劇中、学生時代全国に名を知らせた実力派ソプラノ歌手だったが、思わぬ事故によって声帯に致命的な神経損傷を負ってしまう。その後夢を諦めて、現在は“にわか成金”を相手に秘密のアジトを物色しながら生活費を稼いでいるオ・ユンヒ役を演じる。

オ・ユンヒは、娘ペ・ロナ(キム・ヒョンス)だけは裕福に育って欲しいと思い、様々なバイトを転々としながら一生懸命に生きてきた人物だ。チョン・ソジン(キム・ソヨン)との悪縁で絡んだオ・ユンヒは、最高級マンション「ヘラパレス」への入居を目指して暴走する。

これまで映画やドラマ、バラエティ番組のMCなど、ジャンルを問わない活躍で多彩な魅力をアピールしたユジンは「ペントハウス」を通じて、並外れた母性愛を抱えたオ・ユンヒ役を演じ、イメージチェンジを試みる。

何よりユジンは同作で、大胆なショートヘアに変身し、オ・ユンヒ役に対する特別な覚悟を見せている。今まで披露してきた愛らしい魅力とは180度異なる雰囲気をアピールする予定だ。

そして今回公開、鋭い眼差しと温かい微笑みを同時に備えた、オ・ユンヒのビジュアルが初公開された。すっきりとした白いワンピースと端正なヘアスタイルで、しっかりとした女性の魅力を放っている。力強い眼差しからは、オ・ユンヒの波乱万丈な運命に対する覚悟が感じられる。

ユジンは「ペントハウス」出演に対して「久々に出演する作品なので、心配もあり、楽しみでもあります。劇の進行に伴って感情の変化が大きいキャラクターなので、楽しみながら演じてみます。今までに演じたことのない役柄なので、どのように見えるのか気になります。視聴者の方々にも、楽しみにして欲しいです。人間味のあるオ・ユンヒというキャラクターと、素晴らしい出演者との共演も楽しみにしてください」と、愛情たっぷりの感想を伝えた。

制作陣は「ユジンは、眼差しやジェスチャーのひとつひとつに繊細に感情を盛り込んで、見る人々を驚かせる女優だ。今まで見たことのない魅力をアピールする彼女の新しい演技を、楽しみにしていて欲しい」と伝えた。

ドラマ「ペントハウス」は「ブラームスが好きですか?」の後番組として、10月26日に韓国で初放送される。

記者 : イ・ユンヒ