Vol.2 ― THE BOYZ、ファンから言われた印象的な言葉は?「“頭ポンポン”が可愛くて…」

KSTYLE |

全員が歌やダンスの実力に加え、輝かしいビジュアルを持つ11人組ボーイズグループTHE BOYZ。今年2月に1stフルアルバム「REVEAL」をリリースしたのちに、Mnetの「Road to Kingdom」に出演し、圧倒的なパフォーマンスで合計7組のボーイズグループの頂点に立った彼らは、9月21日に5thミニアルバム「CHASE」で約7ヶ月ぶりのカムバックを果たした。そこで今の心境やアルバムのリスニングポイント、近況などに迫ったKstyle単独のインタビュー後編をたっぷりとお届けする。

【インタビュー】Vol.1 ― THE BOYZ、5thミニアルバム「CHASE」をリリース!メンバー全員で人狼ゲームをするなら?“○○さんが一番上手で…!?”

【プレゼント】THE BOYZから動画コメントが到着!直筆サイン入りポラを2名様に!応募はTwitterをフォロー&リツイート

――メンバーが11人という大所帯ですが、何か全員でのルールのようなものはありますか?

ニュー:まず、自分が食べた物は、自分で片付けることです。時々守らない人もいるけど、それでもお互いにフォローしあって……。

キュー:そうだね。

ヨンフン:なんでソヌのほうを見るのかな(笑)?

ソヌ:(笑)。

ニュー:ソヌはちょっと守らないときもあるけど(笑)、それでも家族のような関係なので、お互いにフォローしています。

チュ・ハンニョン:あと、5分以上遅刻したら1万ウォンの罰金という制度もあります。

キュー:11人もいると、少しずつの遅れが、どんどん遅れることになるので、それを防ぐために決めたんです。

エリック:メンバー全員が1度は罰金を払ったことがあります(笑)。

ジュヨン:おかげで僕たちは今ものすごくお金持ちです(笑)。ヨンフンさんとソヌさんが1番罰金が多いですね。

エリック:罰金ルールを始めてからずいぶん経つので、誰がいくら出したかはっきりとは覚えてないのですが、おかげでめちゃくちゃお金が貯まりました(笑)。

――朝、なかなか起きないメンバーは?

キュー:最近はみんな早く起きます。以前は、ソヌが起きられなかったけど、20歳になってから早く起きるようになったみたいです。

サンヨン:僕が考えるには、罰金制度が効いているんじゃないかと思いますね(笑)。罰金で集まったお金は、THE BOYZの特別な日にみんなでおいしいものを食べたり、スタッフの方々に誕生日プレゼントを買ったりとか、有意義に使うつもりです。


メンバーが“○○班長”になるなら?

――サンヨンさんが班長、ジェイコブさんが副班長、エリックさんが宿舎の班長とのことですが、他のメンバーもなにかの班長になるなら?

キュー:まず、ヨンフン兄さんは今ドラマを撮影しているので、演技番長というのはどうかな?

ヨンフン:ありがとうございます(笑)。

キュー:ソヌは何の班長になりたい?

ソヌ:やっぱりラップ班長です。

ヨンフン:ハンニョンは出前班長。

チュ・ハンニョン:あ~、いいですね(笑)。

キュー:僕は振り付け班長で。

チュ・ハンニョン:ニュー兄さんはボーカル班長。

ソヌ:ビジュアル班長も。

キュー:おしゃれなのでファッション班長も。ニューはたくさん班長をすることがあるね。

ニュー:ありがとうございます(笑)。


デビュー1000日を迎え…変化が一番大きかったメンバーは?

――全員がセンターという輝かしいビジュアルぞろいのTHE BOYZですが、自分から見たビジュアルセンターは誰?

チュ・ハンニョン:僕はニュー兄さんだと思います。服のきこなしがうまいので、ビジュアルが光ります。

キュー:ソヌだと思います。ソヌのイキイキした眼差しは人の心を捉える魅力があると思います。(突然、目を見開いでアピールするソヌ)

チュ・ハンニョン:なにしてるの(爆笑)。

サンヨン:ヒョンジェです。ステージをかっこよくするし、イケメンだし、なんでも上手にこなします。

ニュー:僕はジャンルによって違うと思います。この曲にはこのメンバーが合うし、この曲にはまた違うメンバーが合うし……という感じで、1人だけを選ぶのが難しいです。そういう点が僕らの長所だと思います。

ヨンフン:僕もニューと同じ考えです。

ソヌ:僕はニュー兄さん……、の隣にいつもいるキュー兄さん。

ニュー:(爆笑)。

全員:フェイント(爆笑)?

ソヌ:キュー兄さんはとてもエネルギッシュなので、一番目に付くと思います。なので、僕は今ニュー兄さんの隣にいるキュー兄さんを選びました(笑)。

――8月31日にデビュー1000日を迎えましたが、デビュー当時と比べて、一番変化が大きかったメンバーは?

キュー:う~ん。全員同じように変化が大きいと思います。実力面が一番大きく変化しました。デビュー当時は不慣れでぎこちない面が多かったですが、1000日を迎えて振り返ってみると、実力面も精神面も、とても成長したようです。

――では、振り付け班長のキューさんから見て、パフォーマンスが一番成長したと思うメンバーは?

キュー:あえて1名だけを選ぶなら、ジェイコブ兄さんですね。練習生になったばかりの時は、ダンスがほぼ未経験だったのですが、今かっこよくダンスをしているのを見ると、とても立派だなと思います。でも、本当に他のメンバーもみんな成長しました。


第一印象が強烈!?「コーヒーを片手にエレガントに…」

――第一印象がいちばん強烈だったメンバーは?

ソヌ:ニュー兄さんです。僕が入って1ヶ月くらいしてニュー兄さんが入ってきたんですね。僕が入ったばかりの時は、慣れない環境だから緊張して、すごく気を遣っていたのですが、ニュー兄さんはコーヒーを片手にエレガントに座っていて品格があふれていました(笑)。いい意味で自信に満ち溢れている感じで、とても印象がよかったですし、僕も堂々としていいんだなという勇気が生まれました(笑)。

サンヨン:僕もニューです。ソヌと同じ理由で(笑)。

ヨンフン:僕はケビンです。最初に歌を聞いたとき、声がきれいでとても驚きました。

チュ・ハンニョン:ピアノを弾きながらね~。

ジェイコブ:僕はサンヨン兄さんとヒョンジェのことをよく覚えています。サンヨン兄さんは僕が韓国で初めて挨拶したメンバーで、すごくあたたかく迎え入れてくれたんです。ヒョンジェは今とまったく変わらない笑顔でしたね(笑)。

ヒョンジェ:(無言でピース)

ケビン:僕は最後に入ってきたメンバーだったのですが、練習生時代はやっぱり上下関係が厳しいというか、先輩に対しては必ず敬語で話さなくちゃいけなかったんですね。でもジュヨンは初めて1対1で話した時に、タメ口でいいよって言ってくれたんです。

ジュヨン:本当はダメだったんですけど(笑)同い年だし、気を遣わなくていいよって言ってあげたかったんです。


メンバーの意外な一面?「料理を作ってくれて…」

――メンバー同士の仲のよさも魅力ですが、最近気づいたメンバーの意外な一面は?

ヒョンジェ:あまりに長い間一緒に暮らしているので、お互いのことを知りすぎていて、新しい一面というのはない気もしますが……。

ケビン:僕は、最近ではないけど、「GENERATION Z」を撮影した時に、ただ与えられたコンセプトをこなすのではなく、お互いについて深くインタビューしながら作り上げたので、メンバー1人1人の魅力をより深く知ることができたんじゃないかと思います。

ニュー:僕はあります! 昨日、クッキーを食べたのですが、ソヌがアーモンドが嫌いだってことを初めて知りました。チョコクッキーだと思って食べたらアーモンドが入っていて、嫌がっていました(笑)。

ソヌ:チョコクッキーに入ったアーモンドが嫌いなんです。

サンヨン:僕はハンニョン。元々は出前をよく利用していたのですが、最近は料理を自分で作って食べています。そして最近、ビーズアクセサリー作りという新しい趣味ができたようで、せっせと作っている姿を見ると新鮮です。

チュ・ハンニョン:昨日は寮にヒョンジェ兄さんがいたので、料理を作って一緒に食べました。メニューはお肉と野菜と桃です。

ヨンフン:最近、ニューも料理を作ってくれました。すごくおいしかったです。

ニュー:実はそんなに料理はするほうじゃなく、小腹がすいたら作る程度なのですが、なんでもおいしいって言われます。特においしいって言われるのは……。

ソヌ:ラーメンでしょ。

ヨンフン:たしかにラーメンはおいしい(笑)。

ニュー:キムチチムです。

キュー:あー(日本語で)認めます。

ニュー:あとはパスタも。

ヨンウン:そうそう、パスタに入っていた肉がおいしかった。

ソヌ:お肉を焼くのも上手です。


日本に行ったらやりたいことは?

――日本にも何度か訪れているみなさん。日本で好きなところ、行ったら必ず食べたいもの、買いたいものなどを教えてください。

ヒョンジェ:(突然大声で)日本にすごく行きたいよー!

キュー:たこやきが食べたいです。そして、やっぱり日本でコンサートをしたいです。早く日本のTHE B(THE BOYZのファンの名称)に会いたいです。去年、日本で初めてファンコンサートをしたのですが、あの熱気をまた味わいたいです。

エリック:僕も日本でまたファンミーティングやコンサートをしたいです。早く状況がよくなって日本のTHE Bに会いたいですね。

ジュヨン:(すべて日本語で)僕たちは去年、サマーソニックに出演しました。サマーソニックは僕たちにとって本当に楽しかったし、特別でした。またサマーソニックに出演したいです。

ニュー:ショッピングがしたいです。以前、キャットストリートというところに行ってショッピングをしたのですが、それがとても印象に残っているので、また行きたいです。

サンヨン:日本のスキー場に行ってスノーボードをやってみたいです。

ヨンフン:(両手を上にあげグリコポーズをして)これ、どこだっけ?

キュー:大阪。

ヨンウン:大阪に行って、街を歩きたいです。

ニュー:道頓堀だね。

ソヌ:僕も、東京に行って街を歩きたいです。(日本語で)散歩。

チュ・ハンニョン:札幌に行ってスキーをしてみたいです。あとは、すき焼きが食べたいです。

ヒョンジェ:僕はたこ焼きが大好き! すき焼きとラーメン。

ジュヨン:僕はつけ麺が好きです。

エリック:僕は回転寿司が食べたいです! まわるお寿司!


ファンからの印象的な言葉は「“頭ポンポン”が可愛くて…」

――去年は日本でオリジナルミニアルバムをリリースし、握手会などのイベントもしました。握手会でファンに言われて印象に残っている言葉や、おもしろいエピソードは?

キュー:短い時間ではあったのですが、僕らを本当に大切に思って愛してくださる気持ちが伝わってきました。すごく泣いている方もいたんです。その姿を見て、これからもっと一生懸命にがんばって、いい姿をお見せしなければと思いました。

ソヌ:ありがたいことに韓国語を覚えてきてくださって「プインプインして~」「愛嬌を見せて」とリクエストをする方が多かったので、愛嬌をたくさんしました(笑)。

チュ・ハンニョン:「かっこいい」「かわいい」という言葉をたくさん聞きました。それから「たくさん食べてね」「もっと食べて」という言葉もたくさん聞きました(笑)。

ジュヨン:僕が覚えているのは、「頭ポンポン」という言葉ですね。握手会でよく聞いて、後から調べて意味がわかったんですけど、その言葉を言うファンの方が可愛かったです。

ケビン:日本のファンの方々が、手作りの応援プラカードを掲げてくださるのがすごくうれしいです。ステージに立つ人間として、そのプラカードにたくさんの気持ちが込められていることが感じられるので、見つけるたびにうれしくなっちゃいます。

ジェイコブ:日本のTHE Bがいつも僕に「天使」って言ってくれるんですけど、そのおかげで「天使」という日本語を覚えました! なので僕からも「(日本語で)いえいえ、THE Bが天使です」と言っています。でも日本語はジュヨンさんがとてもうまいです。

ジュヨン:(日本語で)実は昨日も日本語の授業を受けました! 日本語がもっと上手になりたいです。

ジェイコブ:(日本語で)ジュヨンさんは本当に頭がいいです。勉強ができます。


オススメの韓国ドラマは?「ヨンフン兄さんの…(笑)」

――今、日本では、韓国ドラマが再びブームになっています。そこで皆さんがハマった韓国ドラマを日本のファンに推薦してください。

キュー:あります(挙手)! 「恋愛革命」というドラマが! カカオTVで毎週木曜日にオンエアしているんですけど、最近はそれを楽しみにしています。ところで、そのドラマにはヨンフン兄さんが出ているんだって(笑)!

ヨンフン:(爆笑)。

チュ・ハンニョン:お~! そうなんだ!

キュー:それが僕らの最近の流行です。

ヨンフン:カカオTVで毎週木曜日にお会いしましょう(笑)!

――番宣みたいですね(笑)。メンバーたちは、ヨンフンさんの演技を見て、いかがですか?

キュー:メンバーが演技をするのを初めて見たのですが、とてもうまいので、僕らも楽しく見守っています。

ニュー:最初はメンバーが演技をするのを見たら笑っちゃうかと思いましたが、とてもうまいので驚きました。

キュー:今はカムバック準備のために時間がないので、唯一見ているドラマが「恋愛革命」です。皆さんも日本で見られるようになったら、たくさん愛してください~。


最近流行っていることは…ビーズアクセサリー!?

――ドラマ以外に韓国文化でおススメは?

エリック:韓国は配達の民族です(笑)。

ジュヨン:韓国では出前できない食べ物はないというくらい、配達文化が発達しているんですよ。韓国に来ることがあったら、一体どこまで出前が可能なのか、ぜひ一度試してみてください!

エリック:どこでも、どんな物でも配達してくれますよ。

ジェイコブ:コンビニのものも頼めますし、生肉とかも配達してくれるんですよ。

エリック:お肉も野菜も、食材なんかも全部頼めます。

――今、皆さんの中で流行っているものはありますか?

チュ・ハンニョン:最近は、ビーズアクセサリー作りが流行っています。

ニュー:実はもう流行が去ったのですが、ハンニョンは最近になってハマりました(笑)。やっぱり今のイシューはTHE BOYZのカムバックだと思います。

チュ・ハンニョン:お~!

キュー:パチパチ(拍手)

――今ハマっていることは?

ジュヨン:僕は料理です! 今度はカレーを作ってみたいです。

エリック:3分カレー?

ジュヨン:(日本語で)インスタントじゃなくて、本物のビーフカレーです! カレー粉だけ買って、まだ作ってないので。

エリック:ジュヨンさんのごはんは、今まで結構食べていますけど、めちゃくちゃ料理上手っていうわけではないけど、毎回食べるたびにおいしくなってるので、実力は確実に上がっていると思います(笑)。僕は、THE Bのみなさんにハマってます♡ 早くみなさんに会いたいです。あと最近はゲームですね。マインクラフトというゲームをやっています。

ケビン:僕はホラー映画が怖くて観られないんですが、本物の心霊動画を夜な夜な検索して観ています(笑)。CCTVとかに偶然映ってしまった映像とか(笑)。ホラー映画は急に飛び出してきたり、わざと驚かしてくるじゃないですか。でも本物の映像には、本物ならではの物語があって興味深いんです。他のメンバーは一緒に観てくれないので、1人で観ています(笑)。

ヒョンジェ:僕は今、ワッフルにドハマリ中です。この前エリックのお母さんがおいしいワッフルを差し入れてくださって、そのおかげで1日中練習を頑張れたので、またあのおいしいワッフルが食べたいです!

ジェイコブ:僕は筋トレに励んでいます! ひとりでやっているのですが、おもしろい運動が多くて、ハマっています。もともと力は強いほうで、メンバーの中でトップ3には入ると思います。


ファンへのメッセージ「1日でも早く日本でコンサートをしたい」

――色々な分野に挑戦している皆さんの今後個人的に挑戦してみたいことは?

ヨンフン:今、演技に挑戦していますが、今後はもっと色々なキャラクターに挑戦したいです。

エリック:音楽番組のMC、バラエティー、演技に挑戦してみたいです。

ヒョンジェ:僕もMCとか演技に挑戦してみたいです!

ジェイコブ:僕は、いつかソロアルバムを出してみたいです!

ケビン:衣装のデザインに挑戦してみたいです。

ニュー:歌、演技、バラエティー、ミュージカルなど多方面で活躍できるグループになりたいという思いが強いですが、今はみんなTHE BOYZとしての活動を中心に頑張っているので、THE BOYZのグループをたくさん愛して応援してください!

――それでは最後に、なかなか会えない日が続いていますが、日本で待っているTHE Bに向けてのメッセージをお願いします。

サンヨン:THE BOYZが今回のアルバムのために、本当に一生懸命に練習をして、たくさんの撮影もしました。曲がいいですし、MVもかっこいいので期待してください。そして1日でも早く日本でコンサートをしてTHE Bの皆さんにお会いしたいです。その前にまずは、今回の活動をたくさん応援して、愛してくださったらうれしいです!

ジェイコブ:直接日本に行って会うことができないのは悲しいけど、僕たちもオンラインコンサートやカムバックで、日本のTHE Bのことを思いながらステージに立つので、皆さんも応援してくださるとうれしいです。状況がよくなったら日本でファンミーティングやコンサートをたくさんして、会えなかった時間を忘れるくらい楽しい時間を過ごしたいと思います。

ヒョンジェ:僕たちはこれからカムバックします! 日本のTHE Bの皆さんとはお会いできないままですが、活動しながらもいつも心の中では皆さんのことを忘れずにいるので、これからもたくさん愛して、僕たちを見守ってくださいね。

ケビン:いつまでこの状況が続くかはわかりませんが、健康に気をつけて、マスクは必ずつけてください! いつかまたお会いできる日を心から待っています。

エリック:日本のTHE Bの皆さんがTHE BOYZをいつも応援してくれていることを、僕たちはいつも感じています。その声援に応えられるよう、素敵なアルバムをみなさんにお届けしたいです。いつも変わらず愛して、応援してくれたらうれしいです。

ジュヨン:(日本語で)僕は日本語で話します! THE Bの皆さん、僕たちがカムバックします。たくさん楽しみにしてください。そして一番重要なことは健康です。いつも元気に待っていてください。会いたいです! また会えるまで、元気に待っていてください。

取材:安部裕子、尹秀姫

■リリース情報
5thミニアルバム「CHASE」
CHASE ver./STEALER ver./TRICK ver. (全3種)
9月21日(月)発売

価格:2,800円(税抜き2,545円)

Sony Music Shop購入者限定特典:メンバー別絵柄ミニポスター(全11種うちランダム1種)※先着

商品仕様:
- カバーホルダ1枚 (11種中1種ランダム/ヴァージョン別/212x272mm)
‐ フォトブック (84P/ヴァージョン別/210x270mm)
- CD (ヴァージョン別/118x118mm)
‐ レンティキュラーフォトカード1枚 (11種中1種ランダム/ヴァージョン別/85x55mm)
‐ チケットフォトカード1枚 (11種中1種ランダム/ヴァージョン別/55x85mm)
‐ ポストカード1枚 (11種中1種ランダム/ヴァージョン別/100x148mm)
‐ フォトカード2枚 (33種中2種ランダム/ヴァージョン別/55x85mm)

■関連サイト
THE BOYZ日本公式サイト:https://theboyz.jp/

記者 : Kstyle編集部