「青春の記録」パク・ソダム、パク・ボゴムのファンであることを明かす

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「青春の記録」放送画面キャプチャー
パク・ソダムが、パク・ボゴムのファンであることを打ち明けた。

14日に韓国で放送されたtvN月火ドラマ「青春の記録」第3話では、アン・ジョンハ(パク・ソダム)がサ・ヘジュン(パク・ボゴム)にファンであることを打ち明けた。

この日、サ・ヘジュンはイ・ミンジェ(シン・ドンミ)からの一緒に働こうという提案を断った後、外に出た。サ・ヘジュンは、友達のウォン・ヘヒョ(ピョン・ウソク)の広告を見て、「君は君なりに、僕は僕なりにカッコいい。比較しながら、競合しないことを良い人柄だと騙していた。もうすっきりした」と心の中で思った。

その後、サ・ヘジュンは決心したようにアン・ジョンハの元を訪れて髪を切ってほしいと頼み、「軍隊に行くんだ」と話した。「いつ?」と聞くと、サ・ヘジュンは「10日後」と答え、アン・ジョンハは「でもどうしてこんなに早く切るの?」と言って、家に返そうとした。サ・ヘジュンは「俗世に未練が多くて」とし「君は本当にヘヒョのファンなの? 僕は嘘つく人は嫌いだから」と言うと、アン・ジョンハは「あなたのファンだよ」と率直に答えた。これを聞いたサ・ヘジュンは笑顔を浮かべた。

記者 : チェ・スンヘ