「出師表」AFTERSCHOOL ナナ、パク・ソンフンに胸キュン

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「出師表」放送画面キャプチャー
AFTERSCHOOLのナナが、パク・ソンフンに胸キュンした。

29日に韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「すべき就職はしないで出師表」(以下、「出師表」)第17、18話では、ク・セラ(ナナ)がソ・ゴンミョン(パク・ソンフン)にときめく様子が描かれた。

ク・セラは議長に任命された後、多くのスケジュールをこなした。ク・セラは、自身を家まで送ったソ・ゴンミョンに「さっき目で私に悪口を言ってたね」と言うと、ソ・ゴンミョンは「気のせいだろう」と話した。ク・セラが「悪態をついてたけど?」というと、ソ・ゴンミョンはク・セラをじっと見つめた。

ソ・ゴンミョンが「僕が今なんと言ったか分かる?」と言うと、ク・セラは胸キュンし「毎日一緒にいてくれてありがとう」と答えた。答えにソ・ゴンミョンはしばらくためらい「ハズレ、明日遅れるな」と言った。既にソ・ゴンミョンに2回も振られたク・セラは、「家でお茶でもして行って」と言った。しかし、ソ・ゴンミョンは「勤務の心得その2、10時退勤」と言って帰った。

家に帰ってきたソ・ゴンミョンは「その目を見て“ハズレ”だなんて」と自身を責めた。

記者 : チェ・スンヘ