「家族です」AOA ヘジョン、ハン・イェリに嫉妬

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「家族です」キャプチャー
キム・ジソクが、ハン・イェリに嫉妬するAOA ヘジョンに一線を引いた。

2日に韓国で放送されたtvN月火ドラマ「(知っていることはあまりないけれど)家族です」(脚本:キム・ウンジョン、演出:クォン・ヨンイル)第2話では、パク・チャンヒョク(キム・ジソク)がキム・ウニ(ハン・イェリ)に対する気持ちを見せる様子が描かれた。

ユン・ソヨン(ヘジョン)は、事務所に弁当を買ってきて、チャンヒョクに一緒に食べようと言った。しかし、チャンヒョクに断られたソヨンは「会社に專貰(チョンセ:不動産の所有者に一定の金額を預け、その不動産を一定期間借りることで家賃を月々支払う必要がなく、その不動産を大家に返す際には預けたお金を全額返してもらえる韓国独特の不動産家賃制度)代金をすべてつぎ込んだでしょう? 両親の家に入りたくないから、会社のソファで寝ているんでしょう?」と言った。

続いてソヨンが、ウニを思い出して「彼女はどうして来たの? 2人で寝た? 変なことしないで」というと、チャンヒョクは「そんな関係じゃない。僕が変なことしたっていうなら1つでも言ってみろ」と話した。これに対してソヨンは「写真には表情がはっきり出る。キム・ウニさんの写真を見たら、キム・ウニさんのことが好きだったことがわかる」と言った。

チャンヒョクは、大学生の時に自分が撮ったウニの写真を見ながら、「この時も僕は写真を撮るのが上手だったな」と言った。ソヨンに「好きでもない人の写真を今まで大事に持ってたの?」と言われたチャンヒョクは、「君に何度もそう言われたら、実験してみたくなった」とカッとなった。

記者 : チェ・スンヘ