ソン・ジヒョ出演、新ドラマ「私たち、愛したでしょうか」スチールカットを初公開…明るい表情に注目

MYDAILY |

写真=JTBC、キルピクチャーズ
総合編成チャンネルJTBC新水木ドラマ「私たち、愛したでしょうか」(脚本:イ・スンジン、演出:キム・ドヒョン)が、気分がよくなる“肯定エネルギー”ソン・ジヒョの初スチールカットを電撃公開した。

「私たち、愛したでしょうか」は、14年にわたり独り身のシングルマザーの前に、悪そうなのに魅力的な男性、可哀想なのに人気のある男性、怖いのにセクシーな男性、若いけれどときめいてしまう男性が現れて繰り広げられるロマンスストーリーだ。

放送されるすべての瞬間に、心がときめく人生ロマンスはもちろん、ソン・ジヒョがラブコメに復帰するというニュースで関心を集めている「私たち、愛したでしょうか」が2日、活気溢れる初のスチールカットを公開して期待を高めている。

ソン・ジヒョはシングルマザーであり、映画会社のプロデューサーのノ・エジョンに変身し、見るだけでもエネルギーが沸き上がる“肯定パワー”を伝える予定だ。いつ、どこでも成功できるという考えで、与えられた仕事に最善を尽くしてきたエジョンが一番好きなのは映画。本日公開されたスチールカットは、エジョンが愛する映画のために走ってきた人生を一気に見せてくれる。

映画館のアルバイトから映画会社の面接まで、エジョンは羨望していた映画業界に入るために何でもやった。大きな目と明るい笑顔、そして握りこぶしからは、彼女が映画をどれほど愛しているのか垣間見ることができる。最後まで諦めずに、七転八起の努力で走ってきた結果、ついに映画会社のプロデューサーというチャンスを掴み取る。投資誘致のためにプレゼンテーションをしているエジョンの姿からは、プロらしい面貌さえ感じられる。

しかし、このような“肯定パワー”が通じない分野があった。それは恋愛だ。“愛されて生きてほしい”という意味で名付けられた名前“エジョン(愛情の韓国語発音)”の前についている“ノ(No)”という姓のせいなのか。なんと14年間独り身、“Noエジョン”の人生を生きている。しかしある日、愛なんか存在しないと固く信じている彼女の前に、それぞれ違う魅力をアピールする4人の男性が現れ、エジョンの心を掴むために奮闘する予定だ。4対1のロマンスの中心に立った“ノ・エジョン”の人生がどのように変わるのか期待を集める。

制作陣はまず「撮影現場でも肯定的なエネルギーで溢れているソン・ジヒョは、明るくて元気いっぱいのノ・エジョンそのものであるため、彼女ではない女優は想像することができなかった」と親指を立てた。続いて「彼女の肯定的な魅力が4人の男性を始め、視聴者まで魅了するはずだと確信している。『私たち、愛したでしょうか』でソン・ジヒョが見せる不可抗力の魅力と、さらに深くなった演技力に関心をお願いする」と伝えた。

JTBC新水木ドラマ「私たち、愛したでしょうか」は、韓国で7月8日の午後9時30分より放送が始まる。

記者 : チョン・ジヒョン