Big Hit、建物の防疫措置へ…向かいのビルで働く他社の従業員がコロナ陽性の判定

MYDAILY |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団の所属事務所であるBig Hitエンターテインメントの建物が防疫措置を行った。本社ビル近くの宿泊プラットフォーム業者「ヤノルジャ」の社員が、新型コロナウイルス陽性の判定を受けたためだ。

Big Hitは昨日(13日)「本日、本社ビルの防疫措置が行われる予定である。保健当局の措置に誠実に従う」と述べた。

Big Hitの本社はソウル江南(カンナム)区大峙洞(テチドン)のMDMタワーで、「ヤノルジャ」の従業員が勤務していたタワーの向かいにある。

これに先立ってBig Hitの全スタッフは政府の指示に従って、ソーシャルディスタンス確保の施行期間である2月26日から今月5日まで在宅ワークを実施していたが、今月11日から再び在宅ワークを行っている。

Big Hit、2月4日開催の会社説明会について発表「新型コロナウイルスの影響で公開進行は中止」

Big Hit、エンターテインメント産業の革新に向け最高経営陣を再編…パン・シヒョク代表が第一線で指揮

記者 : ヤン・ユジン