「2019 MBC演技大賞」大賞はキム・ドンウク!「偶然発見した日」出演者が新人賞を総なめ(総合)

OSEN |

写真:MBC放送画面キャプチャー

俳優キム・ドンウクが「チェックメイト!~正義の番人~」で「2019 MBC演技大賞」大賞に輝いた。

昨日(30日)「2019 MBC演技大賞(以下、MBC演技大賞)」がタレントのキム・ソンジュ、モデルのハン・ヘジンの司会で生中継された中、キム・ドンウクが大賞を獲得した。

キム・ドンウクはこの日、「MBC演技大賞」で前年度の大賞受賞者である俳優ソ・ジソブとチェ・スンホMBC社長の授賞で、「チェックメイト!~正義の番人~」のタイトルロールであるチョ・ジンガプ役で大賞を手にした。これに先立って、最優秀賞月火/特別企画ドラマ部門で男優賞を獲得したのに続いて、2冠を達成した。

キム・ドンウクは「最優秀賞候補に上がった先輩たちに比べて、私が主演で与えた重量感が不十分だということを知っている」と謙虚に語った後、「なので、より自分の最後の作品だと思っていた。しかし、終わってものすごく大きな賞をいただいて、恐縮している」と明かした。彼は「今後も怠けず、いつも悩み、本当に演技が上手なそんな俳優、そんな謙虚さで多くの方々に感謝して生きる人になるよう、最善を尽くして一日一日を生きる。もう一度、多くの方々に感謝したい」と語った。

特にキム・ドンウクは、最優秀賞受賞スピーチの当時「感謝を言いたい200人の方がいる。全部言ったらキリがなさそうなので、今度言う」と冗談を言った。キム・ソンジュとハン・ヘジンは、キム・ドンウクが明かせなかった200人を言ってほしいと求めた。これに対して、キム・ドンウクは「誰かも分からない方々の名前を聞いて座っている、ここにいるすべての方々に感謝する」とユーモラスに答え、人々を爆笑させた。

一方、キム・ドンウクはキム・ソンジュが司会を務めるMBCバラエティ番組「覆面歌王」に覆面歌手として出演して、歌手キム・グァンソクの名曲「忘れなければならないという気持ちで」を熱唱したことがある。これに対して、キム・ソンジュとハン・ヘジンが短く一小節歌ってほしいと頼んだ。キム・ドンウクはためらう様子だったが、すぐに「忘れなければならないという気持ちで」の一小節を熱唱し、人々を感嘆させた。また、彼は「2020年は、どうか多くの方々に幸運と幸せに満ちた元気な一年になってほしい」と新年の挨拶をした。

キム・ドンウクが大賞を受賞する前、この日の「MBC演技大賞」では、生涯一度しか受け取ることができない新人賞でスタートを切った。

新人賞は「偶然見つけたハル」の出演者たちが席巻した。ドラマのヒロイン、キム・ヘユンが新人女優賞、三角関係のロマンス演技を披露したSF9のロウンとイ・ジェウクが新人男優賞を獲得した。また、キム・ヘユンは水木ドラマ部門優秀女優賞まで獲得して2冠を達成し、「偶然見つけたハル」チームは視聴者が選んだ今年のドラマ賞まで獲得、今年のうちでも高い人気を証明した。

青少年子役賞は「ウェルカム2ライフ」のイ・スアが手にした。彼女は、劇中で母親役を務めたイム・ジヨンから賞を受け取り、感動を与えた。また、イム・ジヨンも「ウェルカム2ライフ」で月火/特別企画部門最優秀女優賞を受けて、作品の意味を倍増させた。

助演賞部門では、有意義な授賞が続いた。「黄金の庭」のチョン・シアが週末ドラマ部門賞を獲得し、デビュー後初めての演技大賞授賞式でトロフィーを獲得した。また、オ・デファンが月火/特別企画ドラマ部門において「チェックメイト!~正義の番人~」で助演賞を獲得し、ドラマデビュー10年にして受賞の栄光に輝いた。その他にも「新米史官ク・ヘリョン」のイ・ジフンが、水木ドラマ助演賞の受賞者に選ばれた。

一方、脚本家賞は「チェックメイト!~正義の番人~」のキム・バンディ脚本家、視聴者が選んだ「最高の1分」は「新米史官ク・ヘリョン」のシン・セギョンとASTROのチャ・ウヌが獲得した。

優秀賞と最優秀賞は、それぞれ毎日/週末ドラマ部門、月火/特別企画ドラマ部門、水木ドラマ部門に分かれて、男女受賞者に授与された。まず、毎日/週末ドラマ優秀賞には、男性受賞者「悲しいとき愛する」のリュ・スヨン、女性受賞者「二度はない」のパク・セワンの名前が呼ばれた。特にリュ・スヨンは、受賞スピーチ中に、最近亡くなった妻パク・ハソンの弟に言及して、切なさと哀悼の意を表した。

月火/特別企画ドラマ賞男女受賞者には、「ジャスティス -検法男女-シーズン2」のオ・マンソク、「チェックメイト!~正義の番人~」のパク・セヨンがそれぞれ選ばれた。また、水木ドラマ部門では、男性は「新米史官ク・ヘリョン」のチャ・ウヌ、女性は「偶然見つけたハル」のキム・ヘユンがもう一度呼ばれて、驚きを与えた。

演技を超えて作品を魅了した「シーンスティラー(scene stealer:映画やドラマで素晴らしい演技力や独特の個性でシーンを圧倒する役者を意味する)賞」が新設され、注目を集めた。トロット(韓国の演歌)歌手であるソン・ガインが授賞者となって話題を呼んだ中、「ジャスティス -検法男女-シーズン2」のノ・ミヌが受賞者に選ばれた。ノ・ミヌは「ジャスティス -検法男女-シーズン3」を待ちながら、監督の注文に従って長髪を保っているとし、期待を集めた。

毎日/週末ドラマ部門の男性受賞者は「黄金の庭」のイ・サンウ、女性受賞者は「二度はない」のイェ・ジウォンだった。特に、イ・サンウは短く受賞スピーチを終わらせたが、キム・ソンジュが彼を助けながら妻の女優キム・ソヨンに言及した。イェ・ジウォンは作品で共演している俳優オ・ジホをステージ上に呼んでトロフィーを伝達する演出をし、拍手を受けた。

続いて月火/特別企画ドラマ部門の男性受賞者は、「チェックメイト!~正義の番人~」のキム・ドンウク、女性受賞者は「ウェルカム2ライフ」のイム・ジヨンが獲得した。最後の大賞候補である水木ドラマ部門男性最優秀賞は「ある春の夜に」のチョン・ヘイン、女性最優秀賞は「新米史官ク・ヘリョン」のシン・セギョンと「ある春の夜に」のハン・ジミンが共同受賞した。

「MBC演技大賞」受賞者(作)リスト

◆新人男優賞:「偶然見つけたハル」ロウン、イ・ジェウク

◆新人女優賞:「偶然見つけたハル」キム・ヘユン

◆青少年子役賞:「ウェルカム2ライフ」イ・スア

◆助演賞(毎日/週末ドラマ部門):「黄金の庭」チョン・シア

◆助演賞(月火特別企画ドラマ部門):「チェックメイト!~正義の番人~」オ・デファン

◆助演賞(水木ドラマ部門):「新米史官ク・ヘリョン」イ・ジフン

◆脚本家賞:「チェックメイト!~正義の番人~」キム・バンディ

◆「最高の1分」カップル賞:「新米史官ク・ヘリョン」シン・セギョン&チャ・ウヌ

◆視聴者が選んだ今年のドラマ賞:「偶然見つけたハル」

◆優秀賞(毎日/週末ドラマ部門):「悲しいとき愛する」リュ・スヨン(男性)、「二度はない」パク・セワン(女性)

◆優秀賞(月火特別企画ドラマ部門):「ジャスティス -検法男女-シーズン2」オ・マンソク(男性)、「チェックメイト!~正義の番人~」パク・セヨン(女性)

◆優秀賞(水木ドラマ部門):「新米史官ク・ヘリョン」チャ・ウヌ(男性)、「偶然見つけたハル」キム・ヘユン(女性)

◆シーンスティラー賞:「ジャスティス -検法男女-シーズン2」ノ・ミヌ

◆最優秀賞(毎日/週末ドラマ部門):「黄金の庭」イ・サンウ(男性)、「二度はない」イェ・ジウォン(女性)

◆最優秀賞(月火特別企画部門):「チェックメイト!~正義の番人~」キム・ドンウク(男性)、「ウェルカム2ライフ」イム・ジヨン(女性)

◆最優秀賞(水木ドラマ部門):「ある春の夜に」チョン・ヘイン(男性)、「新米史官ク・ヘリョン」シン・セギョン、「ある春の夜に」ハン・ジミン(女性共同受賞)

◆大賞:「チェックメイト!~正義の番人~」キム・ドンウク

記者 : ヨン・フィソン