「コッパダン」チェ・ジニョクが特別出演…ソン・スミンの理想のタイプとして登場

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC「コッパダン」放送画面キャプチャー
俳優チェ・ジニョクが「コッパダン」で短い登場にも強い存在感を表した。

チェ・ジニョクは9月30日に韓国で放送されたJTBC月火ドラマ「コッパダン:朝鮮婚談工作所」で、両班(朝鮮王朝時代の一番高い社会階級のこと)の閨秀(学問・芸術にすぐれた女性)カン・ソユン(ソン・スミン)が夢に描いていた男として特別出演した。

ソユンの理想のタイプと一致する武官として登場したチェ・ジニョクは、短い登場にもかかわらず、イケメンぶりで視聴者たちの目を引いた。夫候補を探していたソユンの前に運命のように現れた武官(チェ・ジニョク)は、明るい笑顔で「切実な願いがあるようですね」と声をかけ、トキメキを与えた。

チェ・ジニョクは所属事務所G-Tree Creativeを通じて「ドラマ『魔性の喜び』でお供させていただいたキム・ガラム監督との義理のために特別出演を決定した。『コッパダン』の撮影時、監督から良いエネルギーをたくさんもらった。そのエネルギーを入れて、もっと良い演技を披露するために努力する。これからも多くの関心をお願いしたい」と特別出演の感想を伝えた。

チェ・ジニョクは、現在次回作を検討している。

記者 : パク・スイン