防弾少年団 ジョングク、休暇後に突然の熱愛説が浮上…事務所が否定「法的対処をする」(全文)

Newsen |

Newsen
防弾少年団のジョングクに熱愛説が浮上した中、事務所がこれを否定した。

ジョングクの所属事務所であるBig Hitエンターテインメントは17日午前、公式報道資料を通じて「Big Hitエンターテインメントは現在、SNSやネットコミュニティを中心に広がっている弊社所属アーティストジョングクと関連した主張は事実でないことを明らかにする」とコメントした。

続けて「弊社は、アーティストの長期休暇期間に起きた些細な個人的な日常が歪曲され拡散されたことを残念に思う。防犯カメラの映像の流出や違法撮影の有無などについて確認した後、個人情報の流出やプライバシー侵害に対しては、法律で厳しく対応する予定だ。また、虚偽事実の流布にも例外なく法的対応を取る方針だ」と強調した。

これに先立って同日、インターネットコミュニティやSNSを中心に、ジョングクの熱愛説を提起する写真が拡散された。巨済島(コジェド)で休暇を楽しんでいるある男性が、女性にバックハグをしている姿が収められた防犯カメラの写真だ。ヘアスタイルや服装などを根拠にネットユーザーたちは「防弾少年団のジョングクだ」と推測し、この写真が拡散された。

防弾少年団、ジョングクの誕生日パーティー開催?愛あふれる写真を公開「兄さんたちがたくさん祝うよ」

防弾少年団 ジョングク、本日誕生日!メンバー&世界中のファンが祝福「幸せにしてくれてありがとう」

【Big Hitエンターテインメント 公式コメント全文】

Big Hitエンターテインメントは現在、SNSとネットコミュニティを中心に広がっている弊社所属アーティストジョングクと関連した主張は事実でないことを明らかにします。

ジョングクは今回の休暇期間中、巨済島(コジェド)を訪れた際に、普段から知り合いであったタトゥースタジオの知人たちが現地(巨済島)に来ていることを知りました。それによりタトゥースタジオや、巨済島にいた知人たちと食事をし、団体でカラオケに行きました。その時の内容が歪曲されて拡散されているようです。

弊社は所属アーティストの長期休暇期間中にあった些細な個人的日常が歪曲されて伝わったことに対し、遺憾に思います。

防犯カメラ映像の流出および違法な撮影などについて確認した後、個人情報の流出やプライバシー侵害に対しては、法律で厳しく対応する予定です。また、虚偽事実の流布に対しても例外なく法的対応を取る方針です。

記者 : ファン・ヘジン