“脱退発表”IN2IT ソンヒョン、インスタでこれまでの経緯を暴露「一度も給料を貰ったことがない…違約金の要求も」

MYDAILY |

写真=MOMエンターテインメント
IN2ITとして活動し、Mnetのアイドルオーディション番組「PRODUCE X 101」に出演して顔を知らせたソンヒョンが、事務所に不当な扱いを受けたと暴露した。

ソンヒョンは本日(5日)午後、自身のInstagramに「久しぶりの挨拶で、良いニュースを持って来ることができず申し訳ない。皆さんもご存じのように、僕は本日IN2ITというグループでの活動が終了したことを、事務所から正式に発表された状況だ」と話し始めた。

先立って、ソンヒョンの所属事務所であるMMOエンターテイメントは、公式SNSを通じてソンヒョンのグループ脱退を発表した。理由は「個人の事情」だった。

これに関してソンヒョンは「『PRODUCE X 101』が終わってから、長い時間に渡って、ずっと僕のニュースを待ってくださる方々がとても多かったことを知っている。その後活動がない僕のせいで、毎日ファンの皆さんが心も体も疲れておられることを見守ることしかできず、あまりにも申し訳なく、申し訳ない気持ちで毎日眠ることができない日々を送った」と心境を吐露した。

写真=Mnet
続いて「『PRODUCE X 101』以来、IN2ITに戻ることができない状況になった。『PRODUCE X 101』をしていた時には、僕が有名になればIN2ITというグループを知らせることができ、僕も良いチャンスだと思ってベストを尽くしたが、僕の思うようにはならなかった」と述べた。

苦しい家庭の事情を告白したソンヒョンは「僕は今、経済的な所得がないことを続けることは正しいことなのかと、たくさん悩んだ」「IN2ITがスタートする前に契約をして、契約金はもちろん、今まで一度も給料を貰ったことがない。携帯電話料金を支払うという名目で、過去1年間に月5万ウォン(約4,400円)ずつ貰ったこと以外は、2年間に一度も受け取ったお金がない」と暴露した。

写真=Mnet
また、ソンヒョンは「投資が難しいと言って、事務所は最近メンバーにスケジュール前の髪のセットやカラー、およびカットの費用さえも個人のお金で支払うように言った。だからメンバーたちが、個人のお金でスケジュール前のカラーとカットをした」「何の現実的な計画も無いこの事務所に、もはや信じて付いて行くことができなかった」と付け加えた。

さらに「今まで事務所にこのような僕の事情を話してみたら、事務所はまず違約金3億5000万ウォン(約3,100万円)というお金を要求したかと思ったら、現代表がCJ側と調整をするから待ってみろと言った。しかし数日前、代表は父親に違約金の金額1億2,000万ウォン(約1,000万円)でCJ側と調整されたと伝え、今日の日付でIN2ITの脱退を公式的に発表しすると言った。僕がIN2ITを脱退することにして、違約金を払えば契約を解除してくれると言った」と主張した。

IN2IT ソンヒョン、グループ脱退へ…事務所が発表「個人的な事情…今後は6人組で活動」(全文)

【ソンヒョン Instagram全文】

こんにちは。
皆さんソンヒョンです。
本当に久しぶりに挨拶します。

久しぶりの挨拶なのに良いニュースを持って来ることができず、申し訳ありません。
皆さんもご存じのように、僕は本日IN2ITというグループでの活動が終了したことを、事務所から正式に発表した状況になりました。

「PRODUCE X 101」が終わってから、長い時間ずっと僕のニュースを待ってくださる方が本当に多かったということを知っています。
「PRODUCE X 101」以来、活動がない僕のせいで、毎日ファンの皆さんが心も体も疲れておられることを見守りながら、あまりにも申し訳なく、すまない気持ちで毎日眠ることができない日々を送りました。

良いニュースで戻ってきたかったのですが、実は僕は「PRODUCE X 101」が終わってからIN2ITとして戻ることができない状況になりました。
「PRODUCE X 101」に出演している時には、僕が有名になればIN2ITを知らせることができ、僕も良いチャンスだと考えて、すべてにベストを尽くしたが、結果は僕の思うようにはなりませんでした。

多くのファンの皆さんは、これまでIN2ITというグループで活動をする歌手としての華麗な姿だけを見たかも知れませんが、実は僕の個人的な生活は非常に苦しい日々を送りながら、歌手活動を続けていました。

現在、僕の父はタクシーの運転手をしています。
腰があまり良くないにも関わらず、生活のために仕事に出ていく父を見守り、僕は今、経済的な所得がないことを続けていくことが正しいのだろうかと、たくさん悩みました。

僕はIN2ITとして活動を始める前に契約をして、契約金はもちろん、今まで一度も給料をもらったことがありません。
携帯電話料金を払うという名目で、最近1年間に月5万ウォンずつ貰ったこと以外は、2年の間に一度も受け取ったお金がありません。
実際、多くのアイドルが給料をもらえるまでは苦しいので、より熱心に活動しなければならないということも知っています。

しかし、僕は1年前に「Sorry For My Engilsh」のアルバム活動を最後に、韓国での活動と音楽番組活動を全くできていません。
切羽詰まった思いで、事務所に次のアルバム活動に関するニュースについて聞いても、事務所はかつて「少年24」にたくさんのお金を使って、IN2ITにこれから金銭的投資をするのは難しいという否定的な答えのみを聞いただけで、今後の具体的な計画と活動についての質問には、いつも計画中だという言葉だけを返してきました。

投資が難しいという事務所は、最近メンバーのスケジュール前の髪のセットやカラー、およびカットの費用さえも個人のお金で支払うようにして、メンバーが個人のお金でスケジュール前のカラーおよびカットをするように言いました。

僕は、みなさんに幸せを分けるスターになりたかったんです。
そのためには、僕がまず幸せでなければならないと思います。

しかし、IN2ITで活動してきて、家庭の事情や金銭的な問題のためにあまりにも大変で、「PRODUCE X 101」が終わった後も、僕に見せてくれる何の現実的な計画がない事務所に、これ以上信じてついて行くことはできなくなりました。
「PRODUCE X 101」が終わった後、個人的にファンミーティングもして、これまで私の力になってくださったファンの方々と、一度でも会って交流したかったのですが、事務所では個人ファンミーティングは絶対にできないという答えだけ戻ってきました。

具体的な今後の計画もなく、ファンの方々との唯一のコミュニケーションの窓口であるSNSに、写真1枚アップすることすら事務所にさせてもらない状態で、僕ができることは何もありませんでした。
このような状況で、父がヘルニアという持病が悪化して、それでも続けていたタクシーの仕事さえやめることになりました。
僕の立場では、今すぐに経済的な助けになるになることをして、家族を助けなければならないという考えしか浮かびませんでした。

これまで事務所にこのような僕の事情を話したところ、事務所はまず違約金として3億5000万ウォンという金額を要求したかと思うと、現代表がCJ側との調整をしてあげるから数日待ちなさいと言いました。
しかし、数日前に代表は父に、違約金1億2000万ウォンでCJ側と調整されたと言いながら、本日の日付でIN2ITからの脱退を公式的に発表すると言いました。
そして僕をIN2ITから脱退することにして、違約金を払らったら契約を解除すると言いました。

前に書いた文のとおり、もう一度申し上げます。
僕はIN2IT活動の2年間、一度も給料を貰ったこともなく、最初に契約するとき、契約金を全く貰ったことがないので、このような違約金を要求する事務所があまりにもひどく、不合理だと思います。
現代表は、事務所が「少年24」にお金をあまりにも使って、IN2ITはもはや投資が難しいという言葉を繰り返しおっしゃいましたが、僕は、いやIN2ITは「少年24」という過酷なサバイバルを勝ち抜いて、IN2ITというグループ名でデビューしたことが、かえって僕にとって悪影響になったと思いました。

今日、もう一度聞いた代表の決定によると、僕はこれから違約金を払うまでどんな活動もできない状況になって、僕を愛してくださるファンの方々にお返しできる、そのどんなチャンスさえも掴むことができなくなります。

待っていてくださる皆さんに約束をし、その約束を守るために良いニュースでお会いしたかったですが、このようなニュースで挨拶することになって申し訳ありません。
皆さんにいつも幸せを与えたく、いつも皆様にとって輝いているソンヒョンでありたかったです。
僕はこれまで、毎日僕を苦しめるような問題のために隠れていなければなりませんでした。

とりとめのない僕のこれまでの長い話を聞いていただき、ありがとうございます。

もう一度、僕を大切にしてくださるファンの皆さんに、このようなニュースをお伝えすることになり、心から頭を下げてお詫びします。

そして、共にしてくれたIN2ITのメンバーの兄さんたち、いままで本当にありがとう。
いつもIN2ITを応援していると伝えたいです。

記者 : イ・イェウン